@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

浴場【よくじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浴場
よくじょう
bath
入浴のための施設をいう。古代から各時代および国,地方によってさまざまな形式,規模の浴場があり,入浴に湯水,蒸気,砂,泥炭などを使用するもの,また家庭用の風呂,浴室,営業用の公衆浴場,サウナ風呂,温泉など各種ある。最古のものは約 5000年前のインダス渓谷のモヘンジョ・ダロの公衆浴場で,クレタ島のミノス王の宮殿 (前 2000~1800) にも浴室が備えられていた。古代ギリシア・ローマ時代にも,冷水や温水の形式,蒸気やシャワー形式の浴場が存在していた記録や遺跡がある。ローマ時代のカラカラ帝の浴場 (216) は,各種の浴室と娯楽施設をあわせもち,同時に 1600人を収容できる規模を有していた。中世~近代には,各地方に,その風俗習慣に従って,入浴のさまざまな形式による多様な浴場が造られた。日本では仏教の伝来 (6世紀) 以後,寺院に病弱僧の医療にあてる温室 (蒸し風呂) と,衆僧の潔斎のための浴室が設けられ,のちに両室が俗人にも開放されて施浴 (施し湯,寺湯) が行われ,これが後世の町湯 (湯屋,風呂屋) の発達を促した。戦後,住宅事情がよくなるにつれて風呂屋が減少し,近年では健康レジャー目的のクアハウスなどが登場してきた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よく‐じょう〔‐ヂヤウ〕【浴場】
入浴するための場所。ふろば。「旅館の大浴場
料金を取って入浴させる所。銭湯。「公衆浴場

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よくじょう【浴場】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よくじょう【浴場】
風呂場。湯殿。浴室。
風呂屋。銭湯。 公衆-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

浴場
よくじょう
湯・水に浴する設備または場所のことで、風呂場(ふろば)、浴室などともいう。一般家庭の浴室と公衆浴場、温泉浴場などがあり、洋風と和風とに大別され、洋風では浴室に便器を置くことが多く、バスルームbathroomは便所の意味にも用いられる。
 浴場は普通、衛生的理由から身体を清潔にするために設けられるが、療養あるいは宗教的行事のためのものもあり、川や湖、海などを利用した沐浴(もくよく)は古くから行われ、インドのガンジス川における宗教的沐浴は広く知られる。古代ギリシアでは冷水浴がもっぱらであったが、ローマ時代には温水浴になり、帝政時代にネロ、ティトス、カラカラなどの皇帝が建設した公共の大浴場は、更衣室、熱浴室、温浴室、冷浴室のほか、舞踏室や図書室などを備え、壮麗無比で豪奢(ごうしゃ)を誇った。帝政末期には男女混浴の淫蕩(いんとう)の場と化し、800に余る小浴場は娼家(しょうか)と変わるところがなかった。一方、騎士の叙任式や出陣のときには入浴して身を清めるのが例で、この風習はローマ滅亡後も受け継がれ、一生の大事とか祝い事などの場合には入浴するのが普通であった。ドイツ地方では結婚式に客を風呂に接待して飲食し、引出物に高価な入浴具を贈るなど費用の負担が増大したので政府が禁令を出すほどであった。イギリスでは地質・地形の関係で水くみの作業にかなりの労力を要したところから、入浴の風習がきわめて少なく、14世紀末、ヘンリー4世が入浴令を出すなどということもあった。ヨーロッパに香水が発達したのは、入浴の風習が少なく、体臭を消すことが要因の一つといわれる。
 日本の浴場では、奈良時代の大寺院に湯屋または浴堂、温堂とよばれる建物があり、僧侶(そうりょ)が穢(けが)れを清める禊(みそぎ)に用いたが、入浴作法には厳しい掟(おきて)のあったことが伝えられている。この湯屋は一般大衆にも開放され、施浴として光明(こうみょう)皇后が病人の体を洗い清めたことが伝えられているが、施浴の習慣は日本人に入浴愛好の気風を生む原因の一つとなった。温泉も多く、『続日本紀(しょくにほんぎ)』『風土記(ふどき)』などに各地の温泉の名がみられるが、蒸気浴も古くからあり、瀬戸内海沿岸の一部では現在も行われている。香川県さぬき市長尾の石風呂は、岩をくりぬいてつくった室(むろ)で火をたいて石を熱し、海水を浸した莚(むしろ)を敷いて、蒸発する湯気の中に身を横たえるもので、奈良時代の僧行基の開設によるものと伝えられ、風呂の語は室の転化したものといわれる。1591年(天正19)には江戸に銭湯が生まれ、各町々に設けられて現在の公衆浴場の基をつくった。[佐藤農人]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よく‐じょう ‥ヂャウ【浴場】
〘名〙
① 入浴するための場所。ふろば。
※江戸繁昌記(1832‐36)二「一堂を分画して両浴場と作し、以男女を別く」
② 特に、金銭をとって風呂に入れる所。風呂屋。〔商法(明治三二年)(1899)〕
③ 海水浴場。
※朝野新聞‐明治二二年(1889)八月一七日「殊に驚くべきは婦人連の大膽にも浴場に遊泳し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浴場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浴場の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation