@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海上における人命の安全のための国際条約【かいじょうにおけるじんめいのあんぜんのためのこくさいじょうやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海上における人命の安全のための国際条約
かいじょうにおけるじんめいのあんぜんのためのこくさいじょうやく
International Convention for the Safety of Life at Sea; SOLAS
船舶および乗員乗客の安全確保のための規定を定めた国際条約。1912年の豪華客船タイタニック号遭難事件を契機に,海上の人命安全のための国際協力が求められるようになり,1914年欧米主要国によって最初の条約が結ばれた。当初航行の安全,船舶構造救命のための設備などのかぎられた内容であったが,1929年開催されたロンドン国際会議の場で国際的な基準として統一された。その後は原子力船の登場など造船技術の発展に応じて,1948,1960,1974年に改正が行なわれた。1958年に政府間海事協議機関国際海事機関)が発足してからは,同機関が条約の実施監督にあたっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいじょうにおけるじんめいのあんぜんのためのこくさいじょうやく【海上における人命の安全のための国際条約】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

海上における人命の安全のための国際条約」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海上における人命の安全のための国際条約の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation