@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海上捕獲【カイジョウホカク】

デジタル大辞泉

かいじょう‐ほかく〔カイジヤウホクワク〕【海上捕獲】
交戦国が公海または領海で、敵国艦船やその貨物、あるいは中立違反の嫌疑のあるものなどを捕獲すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいじょうほかく【海上捕獲】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいじょうほかく【海上捕獲】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

海上捕獲
かいじょうほかく
maritime capture
国際法上の用語で、戦時に交戦国の軍艦が、敵の船もしくは貨物、または一定の中立船もしくは中立貨物を、公海または交戦国いずれかの領海で捕獲することをいう。海上捕獲が認められるのは、第一に、敵の船と、それに積まれた敵の貨物である。敵の船は、公船たると私船たるとを問わず、原則として捕獲される。ただし、病院船、学術・博愛・宗教の任務をもつ船、沿岸漁業や沿岸航海に従事する船は捕獲されない。敵の船に積まれた貨物は敵の貨物と推定され、中立性が立証されない限り捕獲される。また中立貨物であっても、戦時禁制品であれば捕獲される。第二に、一定の中立船および中立貨物は捕獲される。その一として、封鎖を侵破した中立船およびその積み荷はすべて捕獲される。その二として、中立船上の敵の貨物および敵地に仕向けられた中立貨物は、それらが戦時禁制品であれば捕獲される。禁制品が、価格・体積・運賃・重量のいずれかで全積み荷の半分以上を占める場合には、その中立船も捕獲される。その三として、敵国の軍事的利益となる行為を行った中立船は捕獲される。
 捕獲の手続としては、軍艦が臨検・捜索を行い、理由があれば拿捕(だほ)し、本国に引致する。引致された船舶と貨物について、本国の捕獲審検所が審検を行い、その検定によって捕獲の理由があると決定されて、初めて捕獲の効力が確定する。[石本泰雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいじょう‐ほかく カイジャウホクヮク【海上捕獲】
〘名〙 交戦国の一方が公海・領海上で敵国の船舶やその貨物を捕獲したり、中立国の船舶や貨物で中立違反の疑いのあるものなどを捕獲したりすること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海上捕獲
かいじょうほかく
捕獲」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海上捕獲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海上捕獲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation