@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海上衝突予防法【かいじょうしょうとつよぼうほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海上衝突予防法
かいじょうしょうとつよぼうほう
昭和 52年法律 62号。「1972年の海上における衝突の予防のための国際規則に関する条約」の批准のための国内法。旧法である昭和 28年法律 151号は,1948年国際会議で採択された模範法典に基づいて制定された法律であるが,77年に現行法に全面改正された。海洋およびこれに接続する,航洋船が航行できる水域水上にある船舶について,遵守すべき航法,表示すべき灯火・形象物,行うべき信号に関し必要な事項を定めることにより,海上における船舶の衝突を予防し,船舶の安全をはかろうとするものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいじょうしょうとつよぼう‐ほう〔カイジヤウシヨウトツヨバウハフ〕【海上衝突予防法】
海洋その他の水域において、船舶および水上航空機の衝突防止のため、灯火・航法・針路信号などについて定めた法律。昭和52年(1977)施行。昭和58年(1983)一部改正。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいじょうしょうとつよぼうほう【海上衝突予防法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

海上衝突予防法
かいじょうしょうとつよぼうほう
船舶の衝突を防止し海上交通の安全を図ることを目的とした基本法。1889年の国際海事会議で、異国籍間の船舶が共通のルールにより安全に航行できるよう、各国が国内法を制定するため国際海上衝突予防規則が議定された。これに基づいて日本でも1892年海上衝突予防法(明治25年法律5号)が公布された。その後、時代の要請に応じて改正を重ねている。現行法は1972年の国際規則に準拠して、船舶が遵守すべき航法、表示すべき燈火および形象物ならびに信号等に関する必要事項を定め77年(昭和52)に公布された。国際条約により83年6月1日に一部改正が行われた。[新谷文雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいじょうしょうとつ‐よぼうほう カイジャウヨバウハフ【海上衝突予防法】
〘名〙 船舶および水上航空機について、海上での衝突を予防するため、航法、灯火、針路信号などを定めた法律。昭和二八年(一九五三)公布、同五二年全面改正。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海上衝突予防法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海上衝突予防法の関連情報

関連キーワード

新藤兼人田中角栄内閣中原佑介佐藤栄作内閣田中角栄内閣堀内恒夫ヨルゲンセンシェンク磯田光一エクリチュール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation