@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海事衛星【かいじえいせい】

大辞林 第三版

かいじえいせい【海事衛星】
通信衛星の一。船舶と陸上、また船舶相互間の通信を中継する人工衛星。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいじえいせい【海事衛星】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

海事衛星
かいじえいせい
海上を航行する船舶相互間の通信、ならびに陸上と船舶との間の通信を確保することを目的とした一種の通信衛星。従来この種の通信は中波帯および短波帯の電波に頼っていたが、人工衛星を無線中継局とするマイクロ波を利用することによって、格段と通信容量および品質を向上させることができるようになった。
 1976年以来アメリカが試験的に実施していたマリサット(MARISAT)・システム(マリサット衛星による海事衛星通信サービス)から、1982年、日本を含む世界37か国で共有運用するインマルサット(INMARSAT)・システムに移行してサービスが開始された。大西洋、太平洋、インド洋の三つの大洋上にそれぞれ静止海事衛星が配置され、各海域を航行する船舶はこの海事衛星、各海域沿岸に設置された複数個の地上局を経由して、陸側、あるいは他の船舶と電話、テレックスなどの通信を行うことができるようになった。2010年末時点の、インマルサット・システムを運営する国際移動通信衛星機構(IMSO)の加盟国は94か国となっている。なお遭難通信は、従来は無線電信(SOS通信)が主であったが、1999年2月から全世界的海上安全制度Global Maritime Distress and Safety System(GMDSS)に切り替わり、コスパス・サーサット(COSPAS/SARSAT)周回衛星を利用した遭難通信システムの運用が開始されている。[竹内端夫]
『佐藤敏雄著、電子通信学会編・刊『海事衛星通信入門』(1986・コロナ社発売) ▽山本草二編著『注解 国際海事衛星機構条約 INMARSAT』(1991・第一法規出版) ▽野坂邦史・村谷拓郎著『新版 衛星通信入門』(1994・オーム社) ▽飯島幸人・庄司和民著『GMDSS実務マニュアル――全世界的な海上遭難・安全システム』(1996・成山堂書店) ▽総務省情報通信政策局監修、KDDIエンジニアリング・アンド・コンサルティング編・刊『衛星通信年報』各年版』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海事衛星」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海事衛星の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation