@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海人舟【アマブネ】

デジタル大辞泉

あま‐ぶね【海人舟】
漁師の乗る舟。
「鮪(しび)釣ると―騒き塩焼くと人そ多(さは)にある」〈・九三八〉
[補説]書名別項。→海人舟

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あまぶね【海人舟】[書名]
近藤啓太郎短編小説。昭和31年(1956)発表。同年、第35回芥川賞受賞。昭和32年(1957)、「海人舟より 禁男」の題名で映画化。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あま‐ぶね【海人舟】
〘名〙 漁夫の乗る舟。いさり舟。海人小舟(あまおぶね)。平安以後の和歌では「尼」を掛け、尼の比喩としていうこともある。
※万葉(8C後)一七・三九九三「布勢の水海(みづうみ)に 阿麻夫禰(アマブネ)に 真楫かい貫き」
※源氏(1001‐14頃)松風「かの岸に心よりにしあま舟のそむきしかたに漕ぎかへる哉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海人舟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海人舟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation