@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海国兵談【かいこくへいだん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海国兵談
かいこくへいだん
林子平が著わした兵書。全 16巻。天明6 (1786) 年脱稿,翌年から寛政3 (91) 年までに自費全巻刊行した。子平は江戸時代後期の経世家,兵学者,寛政の三奇人の一人。本書は当時ロシア千島列島,蝦夷南下の新情勢に対し,日本を守るために海防が必要であることを説いている。寛政4年幕府は無断で国防を論じた罪で子平を禁錮し,板木没収した。翌年ロシア使節が根室に来たりして沿海の問題が相次いで起ってくると,本書の価値は認められ幕末にいたるまで広く伝写され,嘉永年間 (1848~54) には復刻出版された。なお「細かに思へば江戸の日本橋より唐,オランダ迄境なしの水路なり」と述べた言葉は有名である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいこくへいだん【海国兵談】
江戸中期の兵学書。16巻。林子平著。天明6年(1786)成立。寛政3年(1791)全巻。幕府に忌まれ同年に絶版。ロシア船の南下に警告を発し、国防の急務を論じた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいこくへいだん【海国兵談】
林子平がロシア勢力南下の情勢を踏まえて,対外的防備策を論じた兵書。全16巻。1787年(天明7)に第1巻を自力で板刻・出版し,91年(寛政3)に全巻の出版を終えた。表題の〈海国〉とは,子平が国防的観点からとらえた,日本の地理的特質にほかならない。子平は本書の中で,海国にはそれにふさわしい軍備を要するとして,海軍を設立し,全国の海岸に砲台を設置することを緊急課題にあげる。なかでも彼が重視したのは日本の中枢部というべき江戸沿海の防備で,江戸湾頭に有力諸侯の配置を提案するが,江戸湾防備の緊急性を説いたのは,彼が最初である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいこくへいだん【海国兵談】
兵学書。一六巻。林子平著。1786~91年刊。ロシアの南下に対して警告を発し、海防の要を説いた書。幕府の忌むところとなり版木は没収、子平は禁固となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

海国兵談
かいこくへいだん
江戸後期、林子平(しへい)の著した兵書、国防書。全16巻。1777年(安永6)起稿、86年(天明6)脱稿。88年より91年(寛政3)にかけて自費刊行。当時ロシアが千島、北海道に南進したことに危機感を抱き、警告せんとして書かれた。荻生徂徠(おぎゅうそらい)の兵書『(けんろく)』の影響もあり、第14~16巻では武士土着論・富国策もあるが、全般として国内戦の勝利よりも、対外戦の備えを論じた。「江戸の日本橋より唐・阿蘭陀迄(オランダまで)、境なしの水路なり」と説き、日本は海国であるため水戦を重んずべきこと、大船を建造して大銃(おおづつ)を備うべきことを説いた。91年末、みだりに国防を論じた罪で幕府に召喚され、翌年5月蟄居(ちっきょ)処分となり、板木は没収された。翌年ロシア使節の根室(ねむろ)来航を機に、本書は広く伝写され、海防の論議高まるにつれ尊皇攘夷(じょうい)の志士を刺激した。『林子平全集』「岩波文庫」に所収。[塚谷晃弘]
『学蔵会編『林子平全集』全3巻(1943~46・生活社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいこくへいだん【海国兵談】
江戸中期の兵学書。一六巻。林子平著。安永六~天明六年(一七七七‐八六)成立。寛政三年(一七九一)刊。ロシアの南下を警戒して、国防、富国強兵の急務を論じたもの。寛政三年、幕府により没収されたが、嘉永年間(一八四八‐五四)に再版された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

海国兵談
かいこくへいだん
江戸後期,林子平の兵学書
16巻。1777年起稿,'86年脱稿,'91年自費で刊行。富国論的な海防論書で,ロシアが千島蝦夷地に南下しつつある状況を憂え,海防の急務を説いた。幕府は世を惑わすものとしてその出版を禁止し,子平を禁錮刑に処した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海国兵談」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海国兵談の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation