@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海岸平野【かいがんへいや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海岸平野
かいがんへいや
coastal plain
海岸に面した低平地。地学的には,海底堆積平坦面が離水した低平地に限定して用いる。この形成には,第四紀後半の気候変化に伴う海面の変化の影響が大きいと考えられている。この平野は,もとからある上流の平野に比べて傾きが急で根釧原野の一部のように,複雑に開析された台地をつくる場合が多い。一般に単調な離水海岸線に発達している。日本では,九十九里浜沿岸の平野などにみられる。アメリカの東南岸沿いには,大規模な海岸平野が発達している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいがん‐へいや【海岸平野】
土砂の堆積(たいせき)した浅海底が、地盤隆起や海面の低下により陸上に現れてできた平野。海岸地帯にある海岸砂丘・三角州・扇状地などの低平な地形をもいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいがんへいや【海岸平野 coastal plain】
この語は大別して二つの意味に用いられている。一つは,関東平野,大阪平野,濃尾平野などのように海に面して分布する平地を指し,松本平や甲府盆地などのような内陸に分布する平地(内陸盆地)と対照的に用いる場合である。この場合は,地形的には低地,台地,丘陵を含め,成因的にも河川および海の営力によってできた各種の地形からなりたっている。もう一つは,主として海の営力によって形成された平野で,浅い海底が海面の低下や地盤の隆起運動によって,海面上に現れて陸化した低平な地形を,地形学の分野でとくに海岸平野とよんでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

海岸平野
かいがんへいや

海岸に広がる平野。狭義には、海底の一部が隆起して形成された平野をいう。広義には、海岸砂州や砂丘、その内陸側の潟湖(せきこ)や後背湿地、さらにデルタや扇状地など、海岸地帯に分布する低平な地形全体の総称として用いる。日本の海岸平野は、縄文時代の海進作用によって広く海に覆われたのちに、その後の海退作用によって陸地化した。そのため、海岸平野の地下には、貝殻などの化石を含む砂や泥からなる海成層がみられることが多い。このような海岸平野が隆起したのちに、河川によって多少侵食されたものを開析海岸平野とよぶ。そのうち、ケスタ状になった帯状地形を帯状海岸平野という。

[豊島吉則]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいがん‐へいや【海岸平野】
〘名〙 海底の隆起や、海面の低下に伴う海底の陸化によって生じた平野。海岸線は単調で海に向かってゆるく傾斜している。宮崎平野、九十九里平野など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海岸平野」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海岸平野の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation