@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海嶺【かいれい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海嶺
かいれい
oceanic ridge
長く狭い海底の高まりで,比較的急な斜面をもつ。成因は一様ではない。斜面の勾配がゆるやかな海の高まりは海膨(かいぼう)と呼ぶ。大洋の中央部の海嶺を一般にさしているが,日本近海のように弧状列島系に関連した海嶺も多い(→パラオ-九州海嶺)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

海嶺
両側に急斜面を持ち、細長く連なる海底の大山脈。延長は数百〜2万km。山稜沿いの熱水噴出や、浅い地震の列の存在が海底の生成を証拠立てる大洋中央海嶺(mid‐oceanic ridge)と、それ以外の多様な成因を持つものに分かれる。大洋中央海嶺地形は、稜線を挟みほぼ対称で、水深は海底の生成年代の平方根に、おおむね比例して増す。インド洋の中央海嶺は南緯25度東経68度付近のロドリゲス海嶺三重点で3つに枝分かれして、逆Y字型をしている。頂の水深はたいてい約2500mだが、山頂付近は海底に噴出した玄武岩質の枕状(まくらじょう)溶岩が露出し、の部分は堆積物で覆われている。他に、海洋底や海盆の拡大で島弧が取り残され、沈没してできた海嶺が、日本周辺に数多くある。ハワイ海嶺のように、ホットスポット上のプレート運動の跡とされる島と海山の列も海嶺と呼ばれる場合がある。プレート収束境界付近で海底が盛り上がったと思われる銭洲海嶺、奥尻海嶺などの例もある。
(小林和男 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

かい‐れい【海×嶺】
大洋底にある海底山脈。急斜面をもつ細くて長い高まり。中央海嶺と、それ以外の別の成因をもつものとに分類される。大西洋中央海嶺大和海嶺など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

海嶺
大洋底にそびえる山脈の高まりで,急斜面の側面をもち,起伏の多いさまざまな規模の地形を示す.北大西洋では海嶺の中心部に地裂谷が発達している.海嶺にほぼ直交するいくつかの分岐海嶺があり,それが東西両海岸にまで延びている.その上に火山島が点在する.中央大西洋海嶺は,東太平洋海膨と同様に,地震活動の盛んな地帯で,熱流量が平均値の6倍にも達する特徴がある.これらのことからマントル内の熱対流の上昇部にあたると解釈されている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

海嶺
北方謙三の長編海洋冒険小説。2001年刊行。神尾修シリーズ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいれい【海嶺 ridge】
細長くて幅が狭く,こう配の急な斜面を両側に有する海底の高まりをいう(〈海底地形〉の項目の図1参照)。中軸沿いに浅い地震の列が観測され,海底が生成・拡大しつつあることが明瞭な大洋中央海嶺mid‐oceanic ridgeと,地震活動の列がみられず,中軸部の岩石の年齢も古い非活動海嶺aseismic ridgeとに分けられる。太平洋の南東部に見られる長大な高まりはこう配が比較的ゆるく,起伏もなめらかなので東太平洋海膨とよばれるが,成因的にはこれも大洋中央海嶺の一種である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいれい【海嶺】
海底山脈。しばしば大洋底をいくつかの海盆に分ける。日本付近には、七島硫黄島海嶺、九州パラオ海嶺、大和海嶺などがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

海嶺
かいれい
ridge
急な斜面で囲まれた細くて長い海底の高まり。外形だけで定義され、構造、成因などによらない。海嶺の頂部にリフト(中軸谷)を有し、浅い地震のおこっているものは、中央海嶺として別に定義されている。海嶺は構造や組成により、大和(やまと)海嶺のように大陸の一部が取り残されたもの、九州・パラオ海嶺のような古い島弧(とうこ)の沈んだもの、ネッカー海嶺のようにホット・スポットでできたものなどに分けられる。[安井 正]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐れい【海嶺】
〘名〙 大洋の底にそびえる起伏の多い凸所の連なり。三〇〇〇~四〇〇〇メートルの高さで、急傾斜の側面をもつ。大西洋中央海嶺、中央インド洋海嶺など。海底山脈。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海嶺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海嶺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation