@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海成層【かいせいそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海成層
かいせいそう
marine deposit; marine sediment
堆積物が海洋底に堆積してできた地層堆積した深さによって,浅海堆積層,深海堆積層などに分けられる。 (→陸成層 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいせい‐そう【海成層】
海底に堆積(たいせき)してできた地層。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいせいそう【海成層】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

海成層
かいせいそう
marine sediment
marine deposit

海洋底に堆積(たいせき)した地層。海成層は、堆積した海洋底の水深により、浅海、半深海、深海、超深海の各堆積物に分けられる。

 浅海堆積物は潮間帯から水深約200メートルまでの大陸棚上のものであり、波や潮流、海流によって運ばれた礫(れき)、砂、泥の陸源物質からなる。もし、この陸源物質が供給されないと、サンゴや石灰藻などの生物遺骸(いがい)が堆積していくことになる(つまり、陸源物質が供給されるから、生物遺骸の堆積が進まないでいる)。

 半深海堆積物は大陸棚外縁と大洋底の間の水深200~2000メートルの大陸斜面のもので、陸源細粒物質からなる。

 深海堆積物は2000メートル以深のもので、平均水深4000メートルの大洋底では、遠洋性堆積物とよばれる浮遊性生物遺骸が集積した軟泥や赤色粘土からなる。

 超深海堆積物は大洋底よりも深い海溝やトラフのものであり、混濁流(乱泥流)によってもたらされた陸源堆積物からなる。

[村田明広]

『小池一之・町田洋編『日本の海成層アトラス』(CD-ROM3枚含む)(2001・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいせい‐そう【海成層】
〘名〙 海底に堆積した地層。層理が明らかで、しばしば海生生物の化石を含む。堆積した深さによって、海浜堆積層、浅海堆積層、半深海堆積層および深海堆積層に分けられる。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海成層」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海成層の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation