@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海戦【かいせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海戦
かいせん
sea battle
海上,海中および海の上空で戦われる戦闘。ただし海の上空でも航空戦だけで,いずれの側にも艦艇が参加していない戦闘は,海戦とはいわず,航空戦というのが普通である。古来海洋国の運命は海戦の勝敗によって決せられた事例が多く,前 480年のサラミスの海戦は,ペルシアからギリシアを救い,1805年のトラファルガルの戦いは,ナポレオン1世の征服からイギリスを救った。 1905年の日本海海戦の勝利は,ロシアの極東経略を阻止し,海洋国日本のアジアにおける地位を確立した。ミッドウェー海戦から沖縄にいたる諸海戦は,日本敗北の決定的要因となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かい‐せん【海戦】
海洋における戦闘。「日本海海戦

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいせん【海戦】
元来狭義には軍艦どうしの海上戦闘をいうが,兵器の進歩発達によって様相は時代とともに変化し,現在広義には航空機,ミサイルなどを用いて海上で行われる戦闘の総称をいう。とくに近世以降の火薬火砲の発達,近代における汽走軍艦の出現,第1次世界大戦における潜水艦,第2次世界大戦における航空機とレーダー戦後のミサイルの発達は海戦の様相を大きく変化させ,新しい戦略戦術を生むに至っている。
地中海の海戦]
 軍船の役割は遠征する陸上兵力の輸送と補給が主で,海戦はそれを阻止する側との間に起きる海上覇権の争いであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいせん【海戦】
海上での戦闘。 日本海-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐せん【海戦】
〘名〙 海上で行なう戦闘。〔和蘭字彙(1855‐58)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海戦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海戦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation