@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海洋性気候【かいようせいきこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海洋性気候
かいようせいきこう
oceanic climate
海洋上あるいは海洋上の島嶼にみられる気候海洋気候ともいう。大陸性気候に対するもので,気温の日較差気温の年較差が小さいことに特徴がある。一般的に気候は温暖で,降水量が比較的多い。ハワイ諸島バミューダ諸島アゾレス諸島のように避寒地,保養地として知られるところがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいようせい‐きこう〔カイヤウセイ‐〕【海洋性気候】
島や沿岸など、海洋の影響を強く受ける地方にみられる気候型気温の年変化・日変化が小さく、一年じゅう温暖で湿度が高く、雲量が大などの特徴がある。→大陸性気候

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かいようせいきこう【海洋性気候】
海洋の影響を強く受ける気候。内陸部に比べ気温の日変化・年変化が小さく、湿度が高く、雲量・雨量が多い。 ⇔ 大陸性気候

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

海洋性気候
かいようせいきこう
海洋上や海洋上の小島および海岸地方に特徴的に現れる気候の総称。前二者を海洋気候、後者を海岸気候として区別する場合もある。海洋性気候は海洋性気団による影響を受け、大陸性気候とは対照的な気候を示す。
 海洋性気候のおもな特徴は、気温の年較差および日較差が小さく、暖まりにくく冷めにくい海水の熱容量の影響で、気温変化が内陸に比べて時間的に遅れて現れることにある。たとえば最暖月は、内陸では7月であるが、海洋では8月あるいは9月、最寒月は2月に現れたりする。一般に湿度が高く、雲が多くて曇天の日が多い。内陸に比べ地形の起伏が少ないので、比較的風向が一定し風速も大きい。海岸地方では、海風と陸風の交替がみられる所が多い。大気は清浄で細塵(さいじん)が少なく、オゾンや紫外線に富んでいる。大陸性気候地域に比べると一般に寒暑の差が小さく生活しやすい所が多く、湿潤である。降水量は、温帯地方の海洋では冬半年に多い所があり、1日のうちでは夜間から早朝にかけて多い傾向がみられる。日本の気候は大陸沿辺部の海洋性気候の特徴が強く、冬季の日本海側における対馬(つしま)暖流からの水蒸気供給による大雪、夏季における梅雨末期の集中豪雨、台風による風雨など、海洋の影響が大きい。[小林 望・福岡義隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいようせい‐きこう カイヤウ‥【海洋性気候】
〘名〙 気候型の一つ。海洋上の島、海洋からの風が吹きつける陸地など、海洋の影響を強く受ける地方に見られる。気温の年較差や日較差が小さく、一年中温暖で湿度が高いのが特徴。雲量が大で曇天の日が多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海洋性気候」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海洋性気候の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation