@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海洋法【かいようほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海洋法
かいようほう
law of the sea
海に関する国際法規則総称。従来の国際法上では,海洋領海公海に分けられていた。領海は,外国船の無害航行の場合を除いて沿岸国の主権が及び,公海はいずれの国も領有を主張しえず (公海自由の原則 ) ,国際法の規則に従って自由に利用できる (公海使用自由の原則) とされていた。海洋法はおもに慣習国際法として成立したが,近年その成文化が進み,さらに海洋資源の開発,保存,海洋汚染の防止の観点から種々な問題が提起されている。海洋の新しい利用をめぐる種々な問題を含めて,新しい海洋法を作るための努力が国連で続けられ,1982年国連海洋法条約採択された。これにより,公海は内水,領海,排他的経済水域群島水域を除く部分とされるなど,新しい海洋秩序が生れた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいよう‐ほう〔カイヤウハフ〕【海洋法】
海洋に関する国際法領海排他的経済水域などの設定と利用、生物鉱物資源の保存・開発、環境保護などについて規定したもの。国際関係の長い歴史の中で国際慣習法として発展・成立。第二次大戦後、国連主導で法典化の作業が進められ、1982年に国連海洋法会議において国連海洋法条約が採択された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいようほう【海洋法】
海洋全体に関して包括的に規律する国際法の一分野。最近の海洋利用は質量ともに目覚ましいものがあるが,それを反映して海洋法の規制する範囲も多岐に及んでいる。すなわち,(1)公海,領海,排他的経済水域などの水域で構成される海洋秩序,(2)海洋や海峡における航行や上空飛行の問題,(3)生物資源や鉱物資源などの開発の問題,これに関連して大陸棚深海底などの新たな法制度,(4)海洋汚染,海洋環境保護の問題,(5)海洋の科学的調査,海洋技術の開発と移転の問題などである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいようほう【海洋法】
海洋に関する国際法。 → 国際連合海洋法条約

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいよう‐ほう カイヤウハフ【海洋法】
〘名〙 海洋に関する国際法。領海などの設定と利用、海洋資源の保存と開発、環境保護などについて定める。一九八二年に国連で海洋法条約が採択、九四年に発効。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海洋法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海洋法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation