@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海洋観測衛星【かいようかんそくえいせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海洋観測衛星
かいようかんそくえいせい
marine observation satellite
海洋のリモートセンシングを主な目的とした人工衛星で,1975年にアメリカが打ち上げた GEOS-3が最初。海洋の現象を短期間に大洋規模で観測することは,従来の観測船による方法では不可能であったが,人工衛星では海洋内部の状態を見ることはできないが,全地球的海洋表面観測が可能となる。 78年6月にアメリカ航空宇宙局が打ち上げた SEASAT-1はわずか3ヵ月余で故障したが,多くの貴重な資料を提供してくれた。搭載された測器は,(1) レーダ高度計:マイクロ波を使用し,海面の凹凸を観測し,海面の地衡流,ジオイド,有義波高を推定,(2) マイクロ波散乱計:約 50km幅の分解能を持ち,海面粗度を測定,さらに海上の風速を推定,(3) 合成開口レーダ:うねり,内部波,潮目や氷山の移動を測定,(4) 走査型多チャンネルマイクロ波放射計:海面からくるマイクロ波帯域の放射の5つの周波数について測定し,海面水温,海上風速,水蒸気量,降雨強域海水域の広さを推定,(5) 可視赤外放射計:可視波長域と赤外波長域を撮像し,海面水温を推定,である。 85年レーダ高度計を積んだ GEOSATを打ち上げたが,90年には総合的な衛星 NROSSやレーダ高度計が主体の TOPEXが打ち上げられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいようかんそくえいせい【海洋観測衛星 marine observation satellite】
海面温度,海上風,波浪海面高度などの海洋観測を目的とする科学衛星。1978年6月打ち上げられたアメリカのSEASAT(シーサツト)が最初である。その後いくつかの海洋観測衛星が打ち上げられており,ほかに気象衛星も海洋観測機器を搭載している。広範囲の海洋を同時に観測できる特徴をもつ。衛星の軌道から静止衛星と軌道衛星に分けられる。静止衛星は赤道上3万6000kmにあり,地球の自転と同速度で運動するため,広範囲を常時観測できる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

海洋観測衛星」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海洋観測衛星の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation