@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海綿動物【かいめんどうぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海綿動物
かいめんどうぶつ
Porifera; sponge
海綿動物門に属する動物の総称。基本的な体形は壺形で,上端に口が開き,中央に胃腔をもつが,体壁が厚い種類では溝道がその中を複雑に通っている。体壁内には石灰質,ケイ酸質のさまざまな形の骨片 (種類により形が決っている) があり,これで体が補強されている。単体または群体をつくる。世界で約 5000種が知られており,潮間帯から水深 7000~8000mの深海まで分布している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいめん‐どうぶつ【海綿動物】
動物界一門。多細胞動物の中では最も下等な体制で、多くは海産。不規則な塊状・壺状・樹枝状をし、海藻などに固着して生活する。体表にある多数の小孔から水をとり、胃腔の襟細胞(えりさいぼう)消化吸収し、上部の出水孔から吐き出す。運動神経感覚器官はない。側生動物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいめんどうぶつ【海綿動物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かいめん‐どうぶつ【海綿動物】
〘名〙 動物分類上の一つ。原生動物および中生動物を除いた後生動物中、最も下等な動物。体の基本形はつぼ状体で、下端で他物に付着する。体は柔らかく、骨片や繊維などが組み合わさってできている。神経細胞、感覚細胞や筋肉細胞はない。体壁の表面にある多くの小孔から水がはいり、胃孔を通って体の上端の大孔から排出される。小孔と胃腔との間の襟(えり)細胞で食物を摂取する。ほとんど海産、少数が淡水産で、石灰海綿類や六放海綿類などに分けられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

海綿動物
かいめんどうぶつ

海綿

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海綿動物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海綿動物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation