@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海緑石【かいりょくせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海緑石
かいりょくせき
glauconite
雲母族の鉱物。 (K,Ca,Na)1-x(Al,Fe3+,Fe2+,Mg)2(Si,Al)4O10(OH)2 。灰緑ないし緑色を呈する。単斜晶系,普通は土状または粒状,無光沢,硬度2,比重 2.2~2.8。風化すると黄色または褐色。浅海性堆積岩や火山砕屑岩中に産する。イオン交換剤として硬水の軟化や,またカリ肥料として利用される。鉱物名はギリシア語の glaucos (青緑色の意) に由来する。海緑石は堆積物と同時生成鉱物であってカリを含むので,カリウム・アルゴン法で絶対年代を測定できるため地層の年代測定に最も注目される鉱物である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいりょく‐せき【海緑石】
雲母類の一種。ふつう泥岩砂岩の中に青緑色微粒として存在する。単斜晶系。続成作用の過程ででき、浅海性の堆積岩(たいせきがん)にのみ存在。イオン交換剤として硬水軟化に用いられ、カリウム原料にもなる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいりょくせき【海緑石 glauconite】
カリウム粘土鉱物の一種。雲母質粘土鉱物。化学式は(K,Na,Ca)1.2~2.0(Al,Fe)4(Si,Al)8O20(OH4)・nH2O。黄緑色,淡い暗緑色を呈し土状で産する。岩,岩などの海成層中に小球状を示して存在することが多い。海生微生物の遺骸を置換することも知られている。東北地方の新第三系海成層中に存在する。かつて,カリ肥料として利用されたこともある。【湊 秀雄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

海緑石
かいりょくせき
glauconite

雲母(うんも)の一種。土状で柔らかく、粉末はやや脂肪感をもつ。海底で堆積(たいせき)したと考えられる砂岩によく含まれることがあり、濃集したものは海緑石砂岩とよばれる。また不純な石灰岩やシルト岩中にも含まれる。名称はこの鉱物の色から、青緑色を意味するギリシア語に由来する。和名もこの色からつけられた。

[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいりょく‐せき【海緑石】
〘名〙 鉄やカリウムを含む含水アルミノ珪酸塩鉱物。灰緑または緑色の土状粒。単斜晶系。海成堆積岩、火山砕屑岩中に産出。カリウム原料、イオン交換剤などに用いられる。グローコナイト。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海緑石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海緑石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation