@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海膨【かいぼう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海膨
かいぼう
oceanic rise
ゆるやかに,かつほぼなめらかに海底から上がっている長くて広い地形のこと。中央海嶺と比べると,地形の高まりの傾斜がゆるいものである。典型的な例は東太平洋海膨である。この海膨の頂上は周囲の深海底より2~3km高くなっているが,海膨全体の幅が約 2000~4000kmある。これに対し中央海嶺の幅は多くの場合 500~1000km程度である。しかし海膨と海嶺はほぼ同じ成因をもつものと考えられ,地球科学的にいえば本質的な違いはないものと考えられるので,海膨と海嶺を区別する必要はあまりない。プレート・テクトニクス説では,大洋プレートの拡大速度が遅い場合は大西洋中央海嶺のような海嶺地形になり,拡大速度が速い場合が東太平洋海膨のような海膨地形となるものと考えられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かい‐ぼう〔‐バウ〕【海膨】
大洋底から緩やかに盛り上がって長く連なる幅広い海底の高まり。北西太平洋海膨・東太平洋海膨など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

海膨
緩やかな斜面で盛り上がった幅広く長い海底の高まり.最も有名なのは東太平洋海膨である.日本近海では北西太平洋海膨が典型的な例である.海嶺におけるプレートの離反速度によって,速度が遅いときには海膨となり,速いときには海嶺となると考えられている.海膨は大洋底にそびえる長大な幅の広い高まりで,比較的傾斜が緩やかで平らな側面を持っている.傾斜が急な斜面をもつ幅の狭い高まりは海嶺である.海膨の中心部には浅発地震が多く,熱流量の値が普通の大洋底よりもはるかに高い.地殻の厚さは中心部で5km程度で,普通の大洋底よりも薄くなっている.マントルの構成物質の性質も多少異なっている.これらのことから,マントル内で起こる熱対流の上昇する部分にあたるものと解釈されている.したがって大西洋中央海嶺とほぼ同じ成因を持つと考えられる.東太平洋海膨は,その北端メキシコの海岸に交わり,さらにカリフォルニアに沿ってアラスカまで延びている可能性がある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいぼう【海膨 rise】
ゆるくかつ滑らかにもり上がった海底の高まり(〈海底地形〉の項目の図1参照)。地形の規模や成因に関係なく形態で名付けられる。地球的規模をもつ中央海嶺の一部にもその形態から東太平洋海膨という名称がある。中央海嶺は一般に比高2~3kmであるが,幅の方は300~400kmの海嶺型と幅500kmをこす海膨型がある。海嶺型の中央海嶺はプレートの相対的分離速度が4~6cm/年以下で山頂には中軸谷を有し,海膨型は4~6cm/年以上と分離速度が大きく中軸谷がない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいぼう【海膨】
深海底から盛り上がった緩傾斜面をもつ長くて幅の広い高まり。東太平洋海膨が代表例。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

海膨
かいぼう
rise
緩やかな斜面で盛り上がった幅広く長い海底の高まり。日本の近海では北西太平洋海膨がその典型的な例であるが、もっとも有名なのは東太平洋海膨である。これは、外形から海膨と名づけられているが、インド洋中央海嶺(かいれい)や大西洋中央海嶺にもつながっており、性質も構造もこれらの中央海嶺と同じである。外形の違いは、海嶺におけるプレートの離反速度により、速度が遅いときは海嶺に、速いときは海膨になると考えられている。[安井 正]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐ぼう ‥バウ【海膨】
〘名〙 深海底においてゆるやかな傾斜でもり上がり、広い幅で長く連なった地形。東太平洋海膨が代表的なもの。→海嶺(かいれい)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海膨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海膨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation