@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海豚【イルカ】

デジタル大辞泉

いるか【海豚】
クジラ目の哺乳類のうち、小形のハクジラ類の総称体長1~5メートル、体形は紡錘状、口の先がくちばし状で、背びれのあるものが多い。マイルカカマイルカバンドウイルカなど大部分が洋性であるが、カワイルカなど淡水にすむものもある。多くは群れをなして泳ぎ、魚類を主食とする。知能が高い。 冬》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いるか【海豚】
クジラ目の小型ハクジラ類の総称。一般に、体長4メートル 以下の種類をさし、それ以上のものはクジラと呼ぶ。上下の顎あごに多数の歯をもち、多くは口の先がくちばしのようにとがり、イカ類や魚類を捕食する。世界中の海に広く分布し、淡水にすむ種類もある。マイルカ・スジイルカ・ハンドウイルカ・カマイルカなど。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

海豚 (イルカ)
動物。マイルカ類の小形種,カワイルカ類の呼称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いるか【海豚】
〘名〙
① 哺乳類クジラ目に属し、体長約五メートル以下のハクジラの総称。シロイルカ、イッカクのほかは、あごに多数の歯がある。鼻孔は一個で半月形、多くは背びれをもつ。マイルカのほか、カマイルカ、バンドウイルカ、スジイルカなど種類は多く、ふつう海に群生するが、アマゾン川など淡水にすむカワイルカもいる。知能が高い。かつては脂肪は機械油に、肉は食用にした。《季・冬》
※新撰字鏡(898‐901頃)「鮪 伊留加」
② 「まいるか(真海豚)②」の通称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海豚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海豚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation