@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海軍兵学校【かいぐんへいがっこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海軍兵学校
かいぐんへいがっこう
日本海軍の士官養成機関。明治2 (1869) 年に海軍操練所が東京の築地に設けられ,翌 1870年海軍兵学寮と改名。第1期卒業生は 1874年で 37人。 1876年に海軍兵学校と改名。 1888年広島県江田島移転し,1945年まで続いた。創立以来,イギリス式を採用,1873年に 34人のイギリス教官団が来日,最初は英語で授業を行なった。3~4年制で,卒業すると少尉候補生となり,1年から1年8ヵ月の練習航海や術科の講習,艦隊実習のあと少尉に任官。最後の卒業生は第 75期で,卒業生総数は1万 1182人。 (→軍学校 , 士官学校 , 陸軍士官学校 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいぐん‐へいがっこう〔‐ヘイガクカウ〕【海軍兵学校】
海軍の兵科将校を養成する学校。明治9年(1876)設置。昭和20年(1945)廃止。明治21年(1888)から広島県江田島にあった。兵学校。海兵

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいぐんへいがっこう【海軍兵学校】
海軍兵科将校となるべき生徒を養成する学校。陸軍士官学校に対応する。帆船時代には海軍士官候補生の教育は艦上実地に行われていたが,蒸気船時代の新しい技術の出現に伴い,一貫した完全な教育の必要から,1845年アメリカ海軍兵学校U.S.Naval Academyがアナポリスに設立され,各国海軍がこれに倣った。 日本の旧海軍兵学校は1869年(明治2)兵部省が東京築地に海軍操練所を開設し,各藩から学生を集めイギリス式の初級幹部教育を始めたのがその前身で,翌年海軍兵学寮,次いで76年海軍兵学校と改称した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいぐんへいがっこう【海軍兵学校】
海軍士官の養成機関。1876年(明治9)設立。88年東京築地から広島県江田島に移転、第二次大戦終結まで存続した。海兵。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

海軍兵学校
かいぐんへいがっこう
旧日本海軍における将校養成機関。その起源は1869年(明治2)東京・築地(つきじ)に創設された海軍操練所であり、翌年これが海軍兵学寮と改称され、76年に海軍兵学校となる。その後、88年には広島県江田島(えたじま)に移転し、以後、「江田島」は海軍兵学校の代名詞となった。同校生徒は16歳から19歳の志願者のなかから試験によって選抜され、4年ほどの修業期間を経て、卒業と同時に少尉候補生となり、一定期間ののちに少尉に任官する。同校の教育は訓育と学術教育よりなり、生徒は分隊に区分された。また生徒のほか、同校には、下士官から採用しこれに特務士官として必要な教育を施す選修学生の制度があった。海軍兵学校卒業者は独特の仲間意識によって支えられ、下士官・兵とは意識のうえでも、また待遇のうえでも截然(せつぜん)と区別された将校集団を形成した。1945年(昭和20)敗戦に伴い廃校。[吉田 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいぐん‐へいがっこう ‥ヘイガクカウ【海軍兵学校】
旧日本海軍の兵科将校養成を目的とした教育機関。明治二年(一八六九)海軍操練所として東京築地に創設。翌三年、海軍兵学寮に、同九年、海軍兵学校に改称。同二一年、広島県江田島に移転。海兵。
※毎日新聞‐明治二〇年(1887)七月二日「広島県下江田島へ新設の海軍兵学校工事は頻りに取急ぎ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海軍兵学校」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海軍兵学校の関連情報

関連キーワード

共鳴安定化エネルギーケプラー186f賭博開帳図利罪アダム ジョーンズシュテフィ グラフ私立高の大学合格実績の水増し証人と参考人就職安定資金融資担い手経営安定対策地域高規格道路

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation