@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海軍総裁【かいぐんそうさい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海軍総裁
かいぐんそうさい
江戸時代末期の幕府職名。低下した幕府権力を回復するため,すでに文久1 (1861) 年から幕制改革案が検討され,特に海陸軍拡充が目指されていた。慶応2 (66) 年に設置され,イギリス海軍の伝習などを主宰。初代総裁は老中格稲葉正巳。同4年閏4月に廃止

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいぐん‐そうさい【海軍総裁】
江戸末期の幕府海軍を統轄した初め老中格の稲葉正巳が兼任し、実権副総裁榎本武揚にあった。慶応2年(1866)設置。明治元年(1868)廃止。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいぐんそうさい【海軍総裁】
江戸末期,徳川幕府海軍の最高官職。1863年(文久2)12月,徳島藩主蜂須賀斉裕が陸軍総裁兼任で任命されたのが初例である。66年(慶応2)12月,老中格稲葉正巳が兼任してから常置の官職となり,翌年6月制定の内規では毎週日曜日にその役宅で海軍奉行,同並,軍艦奉行が会議するとされた。68年(明治1)1月,稲葉にかわって矢田堀鴻が任命され,副総裁も置かれて榎本武揚が就任したが,幕府の瓦解とともに自然消滅した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

海軍総裁
かいぐんそうさい

幕末期、海軍の事務を統轄した江戸幕府の職名。1866年(慶応2)に設置。文久(ぶんきゅう)年間(1861~64)、幕府軍制掛の立案した軍改革案には最上位にその名がみえるが、一橋慶喜(ひとつばしよしのぶ)(第15代将軍徳川慶喜)の幕政改革で実現。66年12月に、老中格より稲葉正巳(まさみ)(館山(たてやま)藩主)が兼任、68年1月よりは軍艦奉行並(ぶぎょうなみ)矢田堀鴻(やたぼりこう)(讃岐守(さぬきのかみ))が任じられ、閏(うるう)4月の辞任とともに廃止された。ちなみに、68年1月より榎本武揚(えのもとたけあき)が軍艦頭並から海軍副総裁となり、幕府海軍の実権を掌握した。

[田中 彰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいぐん‐そうさい【海軍総裁】
〘名〙 江戸幕府の職制。幕府海軍の最高責任者であり、イギリス海軍伝習事務などをも総理した。慶応三年(一八六七)七月設置、翌年閏(うるう)四月廃止。
※海軍歴史(1889)一五「一、海軍奉行同並軍艦奉行は、毎週日曜日海軍総裁宅に而会議之事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海軍総裁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海軍総裁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation