@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海軍軍令部【かいぐんぐんれいぶ】

世界大百科事典 第2版

かいぐんぐんれいぶ【海軍軍令部】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

海軍軍令部
かいぐんぐんれいぶ

旧日本海軍の軍令を管掌した機関。1893年(明治26)5月20日の「海軍軍令部条例」により設置され、1933年(昭和8)9月27日の「軍令部令」により軍令部と改称、45年(昭和20)10月15日廃止された。明治の海軍の建設にあたって、初めは軍令の専掌機関はなく、海軍省が軍令と軍政を一元的に管掌していたが、1884年海軍省内に外局として軍事部が設置され、初めて軍令をつかさどった。86年軍事部は参謀本部の海軍部となり、88年参軍のもとの海軍参謀本部となり、89年海軍大臣のもとに戻って海軍参謀部となったが、93年海軍省から独立して天皇に直隷する海軍軍令部となった。作戦、編制、情報、通信、戦史などをつかさどったが、1933年軍令部に改称するにあたって、海軍省との間に業務互渉規程が設けられて権限が拡大した。海軍軍令部の長は海軍軍令部長と称し、参謀総長と並んで、天皇の統帥権の最高の輔弼(ほひつ)機関であった。

[藤原 彰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいぐん‐ぐんれいぶ【海軍軍令部】
〘名〙 旧日本海軍の中枢機関の一つ。明治二六年(一八九三)設置され、旧海軍の国防、用兵上の統轄事務を行なった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

海軍軍令部
かいぐんぐんれいぶ
旧海軍の最高軍令機関
1893年に発足し,陸軍参謀本部と並ぶ存在となった。1933年に軍令部と改称された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海軍軍令部
かいぐんぐんれいぶ
軍令部」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海軍軍令部」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海軍軍令部の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation