@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海進【かいしん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海進
かいしん
marine transgression
陸地が海の侵入を受け,海岸線が陸側に移動すること。陸地の広範な沈降または海面の上昇によって起る。以前削剥地域であった地域は堆積地域となり,陸地へ侵入した海は新しい堆積物を次々と古い堆積物の上に堆積する。世界的に認められる海進は,氷期間氷期交代による海面変動に基づくもので,間氷期に氷河の融解による海面上昇が広範囲の海進を起す。フランドル海進は北海にみられる後氷期の海進 (約 5000~6000年前) で,日本では下末吉海進が有名。これは神奈川県下末吉台地に発達する下末吉層 (上部更新統) にみられる海進で,これに対比される地層や地形面はほぼ全国的に分布する。汀線高度は 50m内外。時代はリス=ウルム間氷期とされるがなお不明。後氷期では東京付近に有楽町層を堆積した有楽町海進が有名。関東平野ではフランドル海進と同時期の有楽町層時代の海進で,現在の沖積低地のほとんど全域が海におおわれ,縄文式時代の貝塚形式環境をつくり上げた。利根川・荒川流域の貝塚分布から,縄文式時代前期に,最も奥地まで海岸線が侵入し,以後海退へと移ったことが知られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かい‐しん【海進】
海面の上昇、あるいは地の沈降によって海が陸に入り込んでくること。⇔海退

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいしん【海進 marine transgression】
陸地の沈降または海水準の上昇によって海岸線が陸側へ前進すること。海侵とも書く。海進にともなって,それまでの陸地が海となり,また海はより深くなる。これとは逆に海岸線が後退し,それまでの海底が陸地として現れることを海退という。海進によってあらたに海底となった場所では,基盤陸成層の上に海成層の堆積がはじまるが,海成層の堆積の場はしだいに陸側へ広がっていき,海成層の下底には広い範囲にわたって不整合が認められることが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいしん【海進】
海水面の上昇あるいは陸地の沈降によって海岸線が陸地の方へ移動すること。海浸。 ⇔ 海退

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

海進
かいしん
陸地が沈降するか、または海水準が上昇して、陸地に向かって海が侵入する現象。約6000年前の縄文前期ころには世界的な海進のピークが認められている。この海進をフランドリア海進といい、日本では縄文海進とよんでいる。海進によって陸成層の上には海成層が覆うことになる。その粒度変化をみると、下部層から礫(れき)、砂、泥の順に、上部の地層に向かって細粒化する傾向が認められる。[豊島吉則]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐しん【海進】
〘名〙 陸地の沈降、海面の上昇によって、海が陸地に浸入すること。⇔海退

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海進」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海進の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation