@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海運業【かいうんぎょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海運業
かいうんぎょう
shipping industry
貨物および旅客海上輸送を担当する産業。ロイド船級協会の統計によれば,1991年6月末の世界の総商船船腹量は約4億 3600万総tで,日本はリベリア,パナマに次いで世界第3位。ただし積取比率は日本船ベースで輸出 6.9%,輸入 28.6%と低く,海運関係国際収支も 53億ドル近い赤字 (IMFベース) 。このため船腹拡充が要請されるが,70年代に入って,次第に外国と比べ船員費が割高となったためと石油危機による船腹過剰によって国内新造船によるよりも低コストの外国傭船に依存する傾向が生れた。第2次世界大戦後の世界海運市場の変化の特徴は,石油,鉄鉱石などの原材料の大量輸送が活発になり,これに対応してばら積専用船の需要が急増したことである。大戦で壊滅的な打撃を受けた日本の海運業は,航権の回復に苦心するかたわら,財政資金の投入による計画造船で再建をはかったが,国際競争力が弱いので経営悪化に悩まされた。この抜本策として 64年海運業の集約化 (6グループの編成) と政府の助成措置がとられた。その後,世界貿易量の拡大,ことに高度経済成長を背景とする日本の貿易量の急伸長とともに各社は急速に立直ったが,73年の石油危機による荷動き減少の打撃は,特にタンカー,バルカー部門に大きく,日本の海運業も戦後最大の不況に遭遇,企業合理化が進められた。国際海運市場において国際競争力を維持していくため,日本の海運業界は徹底した事業の合理化を進めるとともに自国船を削減して経費の安い外国傭船を増加させている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいうん‐ぎょう〔‐ゲフ〕【海運業】
海上輸送によって利益を得ることを目的とする事業。また、その会社。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいうんぎょう【海運業】
船舶による海上輸送業務をいう。
[成立と役割]
 海運は古い歴史を有するが,今日の海運市場取引に基づくいわゆる他人運送を専業とする海運業(コモン・キャリアcommon carrier)が海運に支配的地位を占めるようになったのは,19世紀を迎えてからのことである。それまでの海運は,商人が積卸地の市場で売買する自己の商品を輸送するために船舶を所有し運航するという自己運送形態(プライベート・キャリアprivate carrier)にあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かいうん‐ぎょう ‥ゲフ【海運業】
〘名〙 運賃を取って、船舶で旅客、貨物を運送する営業。
※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉七「気の多い義兄は、養蚕製糸に、海運業(カイウンゲフ)に、それからそれへといろいろに渡りあるいて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海運業」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海運業の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation