@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海野 普吉【ウンノ フキチ】

20世紀日本人名事典

海野 普吉
ウンノ フキチ

大正・昭和期の弁護士



生年
明治18(1885)年8月29日

没年
昭和43(1968)年7月6日

出生地
静岡県静岡市

別名
通称=海野 晋吉(ウンノ シンキチ)

学歴〔年〕
東京帝大独法科〔大正3年〕卒

経歴
大正3年東大卒業とともに弁護士となる。以来、一貫して在野の弁護士の職にあった。戦前は、人民戦線事件、企画院事件、横浜事件など治安維持法事件の第一人者として活躍。戦後松川事件砂川事件、昭和電工疑獄事件などの主任弁護人をつとめ、晩年人権運動を提唱、その主柱となった。第二東京弁護士会会長、日本弁護士連合会会長、自由人権協会会長、全国選管委員長もつとめた。著書に「人権の法律相談」「ある弁護士の歩み」などがある。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

海野 普吉 (うんの ふきち)
生年月日:1885年8月29日
大正時代;昭和時代の弁護士。第二東京弁護士会会長;自由人権協会会長
1968年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海野 普吉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海野 普吉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation