@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海難審判庁【カイナンシンパンチョウ】

デジタル大辞泉

かいなんしんぱん‐ちょう〔‐チヤウ〕【海難審判庁】
もと国土交通省外局の一。平成20年(2008)10月施行の改正海難審判法に基づいて、海難審判庁はその原因究明機能を運輸安全委員会に、行政処分(懲戒など)を決定する審判機能を海難審判所にそれぞれ移管し、廃止された。
[補説]海難が発生したときに、その原因を明らかにし、裁決によって責任の有無の判断や、受審人に対する懲戒・戒告といった行政処分、指定海難関係人に対する勧告などを行った。地方海難審判庁高等海難審判庁とがあり、二審制をとっていた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいなんしんぱんちょう【海難審判庁】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいなんしんぱんちょう【海難審判庁】
海難審判などを行なっていた国土交通省の外局。事故原因究明の業務を運輸安全委員会に、海難審判の業務を海難審判所に引き継ぎ、2008 年(平成 20)に廃止。 → 運輸安全委員会海難審判所

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

海難審判庁
かいなんしんぱんちょう
国土交通省の外局として置かれていた国の行政機関であり、海難審判を行うことによって海難の原因究明および懲戒とともに、その発生の防止を任務とするものであった。船舶事故に関する原因究明機能と懲戒機能とを分離し、原因究明機能を強化するために、2008年(平成20)の国土交通省設置法等の改正によって運輸安全委員会および海難審判所が設置され、原因究明機能を運輸安全委員会が、懲戒機能を海難審判所が担うこととなった。[稲葉一将]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいなんしんぱん‐ちょう ‥チャウ【海難審判庁】
〘名〙 国土交通省の外局の一つ。海難を審理してその原因を明らかにし、必要に応じて勧告、懲戒を行なう官庁。地方海難審判庁と高等海難審判庁とがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海難審判庁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海難審判庁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation