@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海風前線【かいふうぜんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海風前線
かいふうぜんせん
sea breeze front
日中,海からへ吹く陸風から海風に変わるときや,海風が陸地内部に侵入しているとき, 陸地内部の相対的に暖かい空気との境界に形成される局地前線。この前線先端では風の収束が起こり,積雲が発生して, にわか雨が降ったり突風が吹いたり, 気温が急変したりすることがある。また近年は大気汚染との関連において研究が進み,夏に発生する光化学スモッグなどとの関係も調査されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいふう‐ぜんせん【海風前線】
〘名〙 海風が前線性の構造をもつ場合をいう。高緯度地方では海風が内陸部に吹きこんでくるとき、その先端が前線性の構造をもつことが多く、海岸内陸部のある場所に海風が達すると風向きは急にかわり、気温は不連続的に下降する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海風前線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海風前線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation