@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海風【かいふう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海風
かいふう
sea breeze
の温度差が原因となって,日中から陸へ吹き込む。上層ではこれと逆向きの流れがある。海風の地上から鉛直方向の厚さは一般に低緯度地方で厚く,風は強い。高緯度地方では薄く,風は弱い。日本では普通 500~700mの厚さがあり,内陸へ約 30km吹き込む。4~5月に移動性高気圧に覆われたとき,および 7~8月に太平洋高気圧に覆われたときによく発達する。(→陸風

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うみ‐かぜ【海風】
海の風。海上を吹く風。
海岸地方で、日中、海から陸に向かって吹く風。穏やかな風で、海軟風ともいう。かいふう。⇔陸風(りくかぜ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐ふう【海風】
うみかぜ。⇔陸風

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラグライダー用語辞典

海風
陽のあたる日中、比熱の低い陸地は暖まりやすく、地表では海から陸に向かって風が吹く。これを海風とよぶ。陸風と対語

出典:
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うみかぜ【海風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かいふう【海風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

うみ‐かぜ【海風】
〘名〙 海から吹いてくる風。
※俳諧・類題発句集(1774)冬「海風の一手に来るや冬木立〈木卯〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐ふう【海風】
〘名〙
① 海上から吹いて来る風。海上で起こる風。うみかぜ。唐詩では、西域の湖のあたりに吹く風をいう。
※南郭先生文集‐二編(1737)五・梅花落「海風吹起沙場雪、依旧傷心羌笛声」 〔儲光羲‐臨江亭五詠詩〕
② 海岸地方で、昼間、海上から陸地に吹きこんでくる風。陸地は海水よりも熱しやすいために起こる現象。日の出後約二時間後から夕方まで続き、午後二~三時ごろが最も強い。海軟風。⇔陸風

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

海風
かいふう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海風の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation