@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

海食洞【かいしょくどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

海食洞
かいしょくどう
sea cave
海岸の浸食されてできた洞窟海食崖の一部に断層岩盤割れ目など弱いところがあると波がくぼみを削って深い洞窟をつくる。神奈川県江の島の弁天窟,福岡県の芥屋 (けや) ノ大門 (おおと) ,佐賀県七ッ釜,伊豆の堂ヶ島仙洞男鹿半島孔雀 (こうじゃく) ヶ窟や手県の北山崎などが知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいしょく‐どう【海食洞】
波の浸食によって海食崖(かいしょくがい)につくられた洞穴。ほぼ海水面の高さに、がけの一部に断層などの弱い部分があるときできる。海食洞窟(かいしょくどうくつ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいしょくどう【海食洞 sea cave】
海食崖の基部につくられた洞穴。岩石の露出する海岸(岩石海岸)では,おもに波の浸食作用によって崖(海食崖)が形成される。その基部の海面付近には波の浸食作用によってくぼみ(ノッチ)ができる。さらに断層,節理,不整合面などがあるために岩石が局部的に弱い所では,波の水圧による打撃,岩の割れ目の中の空気圧の圧縮膨張,波にはこばれる砂礫による削磨作用などにより,ノッチが特に深くなり,幅にくらべて奥行きの深い洞穴が形成される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいしょくどう【海食洞】
波の浸食作用によって海食崖の基部などで軟弱な部分がえぐられてできた洞窟。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

海食洞
かいしょくどう
波の侵食作用によって海食崖(がい)にうがたれた洞穴。断層、節理、層理などに沿って形成されることが多い。海食洞はほぼ海面付近の水準に良好に発達し、長さは数十メートルに及ぶことがある。海食洞と垂直方向の穴とが連結すると、「潮吹き穴」が形成され、海水が間欠泉あるいは噴水のように噴き上がる。海食洞が隆起または沈降すると、隆起海食洞や沈水海食洞などが形成される。[豊島吉則]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいしょく‐どう【海食洞】
〘名〙 海食作用によって、海食崖の基部の柔らかい岩石がえぐられて生じたほら穴。神奈川県江の島などに見られる。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海食洞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

海食洞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation