@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

浸透圧計【シントウアツケイ】

デジタル大辞泉

しんとうあつ‐けい【浸透圧計】
浸透圧を測定する装置溶液溶媒半透膜で隔て、平衡に達したときの液面の差から圧力を導く静圧法や、溶液に圧力をかけて浸透圧と釣り合う圧力を測る補償法などを用いた装置がある。オスモメーター

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

浸透圧計
シントウアツケイ
osmometer

浸透圧を測定する装置.半透膜を隔てて溶液室と溶媒室があり,溶液側に圧力を加えて溶媒の移行が止むようにし,そのときの圧力を測定する.一般に,圧力は溶液側と溶媒側の液面差で求めることができる.浸透圧計を測定方法によって分類すると表のようになる.

静圧法とは,長時間放置して平衡圧を読む方法であり,動圧法とは,いろいろの方法で溶液,溶媒両側の液面差を調節し,液面移動速度を測定して速度0のときの液面差を外挿法によって求め,平衡圧を求める方法である.浸透てんびんとは,液面差を読むかわりに膜を通して溶媒が侵入する重量を分析用てんびんで測定する方法である.静圧法,動圧法での測定誤差は普通0.2 mm 水柱程度であり,浸透てんびん法の場合は0.01 mm 水柱程度である.低分子物質では浸透圧が非常に高く,溶媒分子が小さいと適当な半透膜が得られないので測定がかなり困難であるのに対し,分子量約1万以上の高分子物質では半透膜が比較的容易に得られ,浸透圧も適当な大きさであるので,比較的容易に測定できる.直接的に高分子物質の数平均分子量を求める一つの手段である.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浸透圧計」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浸透圧計の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation