@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

浸食作用【しんしょくさよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

浸食作用
しんしょくさよう
erosion
地表面が風,流水その他の外因的な営力によって削られる作用。働く営力の種類によって河食,風食海食氷食,雪食などと呼ばれる。浸食には機械的作用と化学的作用とがあり,特に石灰岩地域に顕著な雨水や地下水による化学的浸食作用を溶食作用という。機械的浸食作用のなかで最も著しいものは河食作用である。河食はその働く方向によって,河床を掘下げる下方浸食 (下刻) ,谷床を広げる側方浸食 (側刻) ,水源の方向に谷を延長する頭部浸食 (後退浸食) の3つに分けられる。岩石地質構造によって浸食の働き方に差異が生じる場合には,選択浸食または差別浸食という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんしょくさよう【浸食作用 erosional processes】
もとは〈おかし,むしばむ〉ので侵と書いた。土地に働きかけて地形を変化させる作用(〈地形形成営力〉または〈地形営力〉という)のうち,内部から働く地殻運動火山活動を内作用,外部から働く風,雨,河川などおもに太陽エネルギーに基づく作用を外作用とするが,浸食作用は後者に属する。外作用による地形営力は浸食,運搬堆積の3作用から成る。浸食と運搬の過程は連結しており,これにより地表の物質は砕かれ,削り取られ,運び去られ,土地は変形させられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんしょくさよう【浸食作用】
雨水・流水・氷河・風などによって地表面が次第に削られていく作用。 → 地形輪廻ちけいりんね

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんしょく‐さよう【浸食作用】
浸食

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浸食作用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

浸食作用の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation