@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

消費関数論争【しょうひかんすうろんそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

消費関数論争
しょうひかんすうろんそう
consumption function controversy
雇用・利子および貨幣の一般理論』におけるケインズ理論の中心である消費関数の性質と限界消費性向の安定性についての論争。第2次世界大戦後のアメリカで J.M.ケインズの消費関数を用いた経済予測が大幅にはずれ失敗に終ったことから,消費関数をより精密に推定して現実の有効な説明用具とするために新たにいくつかの仮説を生み出したが,これらを総称して消費関数論争という。消費を所得の絶対水準そのものの関数と仮定するケインズ理論 (絶対所得仮説) に対して,(1) 消費水準はそのときの所得だけの関数ではなく,過去の最高所得の関数でもあるとする F.モジリアニ (貯蓄のライフ・サイクル理論) ,(2) 一家計の消費は単にその家計の所得だけではなく,他の家計の平均所得水準にも依存するとしてデモンストレーション効果を重要視する J.デューゼンベリーの相対所得仮説,(3) 一家計の消費水準はその絶対所得水準だけでなく,その家計保有の流動資産にも依存するという J.トービンの流動資産仮説,(4) 所得を確実に定期的に得られる恒常所得と臨時の変動所得とに分け,消費水準は恒常所得だけの関数であるとする M.フリードマンの恒常所得仮説が提示され,さらにその後貨幣需要に対する資産の影響を問題にするピグー効果なども考慮されて複雑な消費関数モデルがつくられ,その実証も盛んに行われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうひかんすうろんそう【消費関数論争】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

消費関数論争」の用語解説はコトバンクが提供しています。

消費関数論争の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation