@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

液化天然ガス【えきかてんねんガス】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

液化天然ガス
えきかてんねんガス
liquefied natural gas; LNG
メタンを主成分とする天然ガスを,-162℃まで冷却して液化したもの。体積気体のときの約 580分の1となり,断熱耐圧容器に充填して貯蔵および輸送をすることができる。事前に除塵脱硫,脱炭酸,脱湿などの処理が行われているので,燃料としては最高の品質であるが,冷却,貯蔵,輸送,再ガス化などにおいて安全性確保のための技術を必要とする。天然ガスは成分にメタンエタンを多量に含み,発熱カロリーも高く硫黄分の含有が少いため環境への影響が比較的小さいことなどから日本では環境保護や,不安定なエネルギー構造への対応策の一つとして 1969年から輸入が開始され,火力発電燃料や都市ガスなどの多量のエネルギー供給源として利用されているほか,工業用燃料,化学原料としても利用されている。日本では新潟,秋田,千葉などで産出する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えきか‐てんねんガス〔エキクワ‐〕【液化天然ガス】
天然ガスの主成分であるメタンや、プロパンブタンなどを冷却し液化したもの。燃焼に際し、石油などに比べ、二酸化炭素の排出量が少ないといわれる。LNG(liquefied natural gas)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

液化天然ガス
 −162℃で液体であり,かつこの温度で固体になる物質を除去した天然ガス.プロパン,エタン,メタンなどが主成分.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えきかてんねんガス【液化天然ガス liquefied natural gas】
略称LNG。メタンを主成分とする天然ガスを加圧,冷却して液化したもの。天然ガスの産地の多くは都市や工業地帯などの天然ガスの大消費地からは遠い。また石油とともに産出される油溶性ガスも消費地から遠いために,むだに燃されていた。ところで,メタンは-161℃に冷却すれば液体となり,その体積は常温常圧の気体に比べて約1/600に減少する。これを専用の冷凍タンカー(LNGタンカー)で海上輸送すれば,遠い消費地までも経済的に配給することができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えきかてんねんガス【液化天然ガス】
メタンを主成分とする天然ガスを冷却、加圧して液化したもの。都市ガス用・発電用燃料、化学工業原料に用いる。 LNG 。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

液化天然ガス
えきかてんねんがす
liquefied natural gas
天然ガスを精製後、冷却液化したもので、LNGとよばれる。成分はほとんどがメタンなのでLMG(liquefied methane gas)とよぶ場合もある。天然ガスは石油と並んで重要な燃料資源、化学原料である。原油を生産する際に同時に出てくる油田ガスもメタンが主成分であり、従来は用途がないので油田で燃やして捨てられていたが、現在は貴重な燃料資源として現地での利用や回収が行われている。メタンガスは燃焼しても無公害であり、かつ取り扱いやすい燃料である。天然ガスの産地から消費地まで陸続きの場合はガスのままパイプラインで送ることができるが、消費地が海を隔てて遠い場合は利用できなかった。しかし、これを液化すれば容積が約600分の1になり、タンカーにより海上輸送が可能となる。天然ガスは産地で零下162℃に冷却液化後、LNGタンカーで輸送し、消費地で気化して使用する。液体メタンの比重は0.424で石油のおおよそ倍の容積となること、液化に際しても多量のエネルギーを必要とすることのほか、輸送用タンカーやタンクは、低温度に耐える金属材料でつくられた特殊構造のものを使用することなどに留意する必要がある。液化天然ガスを気化するときの冷熱エネルギーは電力として回収するほか、食品の冷凍などにも利用される。日本には、オーストラリア、アラスカ、ブルネイ(ボルネオ島北岸)をはじめ東南アジア諸国から、また中東諸国の油田ガスも液化天然ガスとして輸入されている。都市ガスは石炭ガスからしだいに天然ガスに転換されてきており、さらに電力、工業用燃料として大量に使用されている。[真田雄三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えきか‐てんねんガス エキクヮ‥【液化天然ガス】
〘名〙 (ガスはgas) 天然ガスの主成分であるメタンを冷却液化したもの。石油系燃料とくらべ公害の心配がなく、火力発電所の燃料などに用いられる。LNG。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

液化天然ガス
エキカテンネンガス
liquefied natural gas

略称LNGまたはLMG(liquefied methane gas).メタンを主成分とする天然ガスを加圧冷却して液化したもの.近年,天然ガスの海上輸送法として,液化して冷凍タンカーで運ぶ方法が発達した.わが国でも,都市ガス用,発電用,化学工業原料用として,また最近ではCO2排出割合の少ないクリーンな燃料として,海外から液化天然ガスの大規模な輸入が行われている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

液化天然ガス
液化石油ガス」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

液化天然ガス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

液化天然ガスの関連情報

関連キーワード

産経新聞租税危害犯デメトリオス[1世]アンチオコス5世概数否認権有価証券偽造罪ジスプロシウム労働審判液化石油ガス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation