@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

液晶テレビ【えきしょうてれび】

知恵蔵

液晶テレビ
液晶画面に表示するディスプレー。2007年11月現在テレビとして商品化されているサイズは3〜70インチ。液晶液体固体両方性質を持つ材質で、熱や電圧を加えると結晶配列が変わり、光の透過反射散乱の状態が変化する。この性質を利用して、階調をつくる。光源背後のバックライト。メリットは小型・薄型、そして完全平面で、消費電力も少ないこと。07年11月、ソニーが世界最大の70型液晶テレビを発売した。
(麻倉怜士 デジタル・メディア評論家 / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

えきしょう‐テレビ〔エキシヤウ‐〕【液晶テレビ】
画面に液晶を使用したテレビ。ブラウン管と比べて、薄形軽量にできる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

えきしょうテレビ【液晶テレビ】
画像表示部分に液晶ディスプレーLCD)を用いたテレビ。ブラウン管に比べ薄型・軽量で、消費電力も低い。◇「LCDテレビ」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

液晶テレビ
えきしょうてれび
liquid crystal display TV
LCD TV

液晶を画像表示装置(ディスプレー)に用いたテレビジョン受像機。液晶は、液体と結晶の中間状態にあって液体の流動性と結晶の異方性を兼ね備えている物質であり、電界をかけると異方性の方向が変化する。この原理を利用したディスプレーが液晶ディスプレーで、これを用いた液晶テレビが現在の薄型テレビの主流として普及している。

[吉川昭吉郎 2017年12月12日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えきしょう‐テレビ エキシャウ‥【液晶テレビ】
〘名〙 (テレビは「テレビジョン」の) 画面に液晶を用いたテレビ。ブラウン管と比べて、薄形軽量にできる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

液晶テレビ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

液晶テレビの関連情報

関連キーワード

アゼルバイジャン共和国の要覧アラブ首長国連邦の要覧アルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧ウルグアイの要覧エクアドルの要覧

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation