@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

淋菌【リンキン】

デジタル大辞泉

りん‐きん【×淋菌/×痳菌】
ナイセリア科の細菌グラム陰性双球菌淋病病原菌で、人間にのみ感染し、免疫はできない。1879年、ドイツ医師・細菌学者A=ナイセルが発見。ゴノコッケン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りんきん【淋菌】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

淋菌
りんきん
[学] Neisseria gonorrhoeae (Zopf) Trevisan

淋疾をおこす病原菌。ナイセリア科ナイセリア属の細菌で、グラム陰性。腎臓(じんぞう)形の対をなす双球菌であり、尿道炎の膿汁(のうじゅう)中によくみられる。大きさは0.6~1マイクロメートル。白血球に取り込まれていることが多く、大きさはほぼ一定である(培養菌では大きさはさまざまとなる)。鞭毛(べんもう)、胞子、莢膜(きょうまく)は形成しない。培養の際は、普通寒天では発育しないため、血液寒天やチョコレート寒天を使用する。また、二酸化炭素環境下で培養すると、半透明白色、平滑形の集落を形成する。淋菌は体外に出されると速やかに死滅するので、検体はできるだけ早く培養しなければならない。また、55℃の条件では5~10分で死滅し、乾燥にも弱い。淋菌はチンパンジーに腟(ちつ)炎をおこすといわれるが、一般にはヒトにのみ病原性を示すとみられている。罹患(りかん)性器に健康粘膜が接触(性交、接吻(せっぷん)、産道通過)することにより感染し、心内膜炎、尿道炎、性器粘膜の炎症、関節炎、菌血症などをおこす。

[曽根田正己]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淋菌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

淋菌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation