@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

淡河時治【おうご ときはる】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

淡河時治 おうご-ときはる

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

淡河時治 あいかわ-ときはる
?-1333 鎌倉時代の武将。
六波羅探題北条時盛の子という。越前(えちぜん)(福井県)牛原(うしがはら)の地頭。元弘(げんこう)の乱で朝廷方の豪族たちの蜂起(ほうき)をしずめるため牛原におもむく。六波羅陥落の知らせで部下がにげ,7000人余の平泉寺僧兵にかこまれ,正慶(しょうきょう)2=元弘3年5月12日自害した。姓は「おうご」ともよむ。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

淡河時治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

淡河時治の関連情報

他サービスで検索

「淡河時治」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation