@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

淡竹【ハチク】

デジタル大辞泉

は‐ちく【淡竹】
イネ科の植物。高さ約10メートル。質は堅く、表面白粉がつき、に二環がある。茶筅(ちゃせん)・提灯などに使われ、竹の草履や包装用、竹の子食用とする。中国の原産呉竹(くれたけ)。唐竹(からたけ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんちく【淡竹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はちく【淡竹】
大形のタケ。中国原産。古くに伝来し、広く栽培される。稈かんは高さ10メートル、径10センチメートルになり、緑色で白粉がある。枝は節ごとに二個つき、竹の皮に黒斑がない。材は家具や工芸用、たけのこは食用とする。からたけ。くれたけ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

淡竹 (ハチク・アワタケ)
学名:Phyllostachys nigra f.henonis
植物。イネ科の多年生常緑竹,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あわ‐たけ あは‥【淡竹】
〘名〙 植物「はちく(淡竹)」の異名
古今要覧稿(1821‐42)三七七「おほたけ一名からたけ一名あはだけ一名はちくは西土にいはゆる淡竹一名水竹也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おお‐だけ おほ‥【淡竹】
〘名〙 (「おおたけ」とも) 植物「はちく(淡竹)」の古名。〔出雲風土記(733)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

は‐ちく【淡竹】
〘名〙 イネ科マダケ属の一つ。中国原産で、広く栽植される。稈は高さ一〇メートル、径一〇センチメートルに達する。稈は滑らかで薄く蝋粉(ろうふん)をつけ、節は二輪状に突起する。枝は節ごとに一~二本ずつ出て小枝を分け、その先端に長さ四~一二センチメートルの披針形の葉を四~五個つける。皮は紫色を帯び大きく、斑紋はない。花穂は紫緑色。たけのこは食用。茎は建築・器具用。漢名、淡竹。あわたけ。くれたけ。おおたけ。からだけ。
※御伽草子・猿の草子(室町末)「すず竹、は竹、たけの子の、代々にひさしき松たけやひらたけ、くりたけ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淡竹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

淡竹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation