@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

淡谷のり子【あわやのりこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

淡谷のり子
あわやのりこ
[生]1907.8.12. 青森
[没]1999.9.22. 東京
歌手。本名,淡谷のり。実家の呉服屋の倒産後上京。 1929年東洋音楽学校 (現・東京音楽大学) を卒業し,30年に『夜の東京』でレコード・デビュー。ポピュラー歌手となったことで,首席で卒業した母校の卒業者名簿から一時名前を消された。 38年に発売した『別れのブルース』が大ヒットしたものの,日中戦争戦時下の時勢にふさわしくないと,翌年発禁処分を受ける。それでも『雨のブルース』 (1938) ,『東京ブルース』 (39) を続けて歌い,「ブルース女王」の称号を得た。一方で,シャンソンジャズタンゴを日本に紹介し,『暗い日曜日』 (36) ,『人の気も知らないで』 (38) 『ルムバ・タムバ』 (39) などがヒットした。戦時色が濃くなるにつれ活躍の場がせばめられたが,戦後ベトナム反戦運動への連帯,歌謡界への直言,人生相談など,歌以外の場でも活躍,72年に紫綬褒章受章著書自伝『私のいいふりこき人生』 (84年) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

淡谷のり子 あわや-のりこ
1907-1999 昭和-平成時代の歌手。
明治40年8月12日生まれ。クラシック歌手志望だったが,生活のために流行歌歌手となった。昭和12年の「別れのブルース」,つづいて「雨のブルース」「東京ブルース」のヒットでブルースの女王といわれた。軍部ににらまれ戦時中は活動をはばまれたが,戦後再起し,85歳すぎまで現役として活躍した。平成11年9月22日死去。92歳。青森県出身。東洋音楽学校(現東京音大)卒。本名はのり。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

淡谷のり子
あわやのりこ
(1907―1999)

ポピュラー歌手。青森県に生まれる。東京に出て、1929年(昭和4)東洋音楽学校(現、東京音楽大学)を卒業、1930年レコードにデビュー。シャンソン、タンゴ、ルンバなどを次々に取り上げ、『暗い日曜日』(1936)、『人の気も知らないで』(1938)、『ルムバ・タムバ』(1939)ほかのヒットを放つ。一方日本の歌謡曲『別れのブルース』(1937)、『雨のブルース』(1938)などによって「ブルースの女王」とよばれた。第二次世界大戦中は沈黙を強いられたが、戦後再起。1982年、五輪真弓の『恋人よ』にほれこみ、同曲を含む現代曲10曲のLPを出す。海外でも、ブルガリアなどに招かれて活躍したが、1993年12月、体調不良を理由に「休養宣言」、以後歌手としての活動は行わなかった。1972年紫綬褒章受章。

[永田文夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淡谷のり子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

淡谷のり子の関連情報

関連キーワード

誘導尋問公孫瓚誘導尋問ビクトル1世ゼフィリヌスカリクスツス1世公判自殺関与罪逮捕反対尋問

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation