@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

淡路人形【あわじにんぎょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

淡路人形
あわじにんぎょう
兵庫県淡路島で行われる人形芝居。祝福回 (えびすまわ) し,三番叟と,人形浄瑠璃芝居から成る。淡路は兵庫県西宮とともに近世初期の人形浄瑠璃成立に深い関係をもつ土地で,特に阿波,淡路の領主蜂須賀家が上村源之の人形座を保護したため,人形浄瑠璃が栄え,大阪の文楽で絶えた特殊な演目なども,この地には伝承された。人形遣いを中心に一座が組織されること,文楽より大ぶりの頭 (かしら) を使用し,大道具趣向を凝らすことなどが特色。大正期まで多数の人形座が全国的な旅興行を行なったが,第2次世界大戦以後は衰微した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あわじにんぎょう【淡路人形】
兵庫県淡路島地方の人形浄瑠璃芝居。文楽と同じく義太夫による三人遣いだが,人形がひと回り大きく,徳島県の阿波人形と同系である。淡路人形の起源については諸説があるが,大阪湾を隔てた摂津の西宮戎(えびす)神社を基盤に生まれたもののようである。戎神社は海神えびす神をまつる社で,古く水辺を漂泊していた傀儡くぐつ)の流れをくむ集団が,そのえびす神を表現した人形を舞わして,人々の息災福運を祈った。世にいう夷舁(えびすか)きがそれで,室町時代に活躍し,宮廷公家にも参って祝賀の芸を演じた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あわじにんぎょう【淡路人形】
淡路島に伝わる人形芝居。人形浄瑠璃劇成立以前からあり、室町初期、摂津西宮の広田社から淡路に伝来したと伝える。享保・元文(1716~1741)の頃隆盛期を迎え、当時は四十余座を数えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

淡路人形
あわじにんぎょう
兵庫県淡路島の三人遣(つか)いの人形芝居。かつてはデコ芝居とよばれていた。人形、舞台、演技、演出、組織、興行形態などに農村的な特色がみられ、都市的な大阪の文楽(ぶんらく)と対比して語られることが多い。その初発については諸説あるが、中世末ごろに摂津西宮(にしのみや)(兵庫県)の傀儡師(かいらいし)の伝承を継ぎ、阿波(あわ)(徳島県)藩主蜂須賀(はちすか)家の庇護(ひご)のもとに発展したものである。
 淡路人形は年に一、二度しか演じないような素人(しろうと)の民俗芸能ではなく、旅興行をもっぱらとする職業的な玄人(くろうと)の郷土芸能集団だった。しかし第二次世界大戦後テレビの普及など国民の娯楽感覚が変化するに伴い興行が不可能になり、職能集団であったためにかえって壊滅に追い込まれた。いまでは鳴門(なると)海峡に臨む福良(ふくら)にある大鳴門橋記念館内の淡路人形浄瑠璃(じょうるり)館でみることができる。淡路人形協会による「淡路人形浄瑠璃」は国指定重要無形民俗文化財となっている。淡路人形の特色に人形の大きなことがあげられるが、これは明治中ごろからで、それ以前は文楽と大差がなかった。首(かしら)の大きさは、立役で、文楽は13センチメートル程度だが、淡路人形では17センチメートルほどになる。野天で舞台や客席が大きくなったことや、役者(デコマワシとも)とよばれる人形遣いたちが自分を目だたせるために始めたことによるという。顔の深い彫り、照りのある塗り、ガラス製の目など作りも名称も文楽と違う。かつては本芝居となると莚(むしろ)掛けながら屋根もある掛小屋(かけごや)をつくったが、舞台間口は文楽の11メートル程度に対して14.5メートルほどもあった。舞台構造も文楽のような船底式ではなく、手すりが高く、花道がある場合もあった。背景の大道具(千畳敷)を12段とか24段とかにどんでん返しして見せる「からくり道具返し」は昔のまま残っている。浄瑠璃の語りは豪快で、『賤ヶ嶽(しずがたけ)七本槍』など独特の狂言がいくつもあった。市村六之丞(ろくのじょう)座など座元制で統括されてきたが、江戸時代中ごろ、多いときには40座、役者も1000人近くを数えたといい、明治中ごろにも21座あった。
 なお、人形の首はほとんど阿波国内で製作されていたから、阿波でも淡路にまねて農民たちの人形座が生まれ、農閑期には巡業に出たりしていた。いわゆる阿波人形芝居であるが、本質的に素人人形座である点で職業的な淡路人形芝居と異なる。それでも明治初年の最盛期には50余座を数えたという。[西角井正大]
『新見貫次著『淡路の人形芝居』(1972・角川書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あわじ‐にんぎょう あはぢニンギャウ【淡路人形】
〘名〙
① 兵庫県の淡路島に残る人形芝居。室町末期に、西の宮の傀儡師(くぐつし)が創始したという。江戸時代享保から元文頃の最盛期には、約四〇の人形座を数え、上村源之丞一座が最も栄えた。三人遣いで義太夫節に合わせて演じるなど文楽と似ているが、人形のかしらはやや大きく、文楽にない古曲を有する。一人遣いの夷(えびす)かきという門付け芸人などもいる。淡路座。淡路芝居。淡路浄瑠璃。
② ①に用いる人形。
※日本拝見‐淡路島(1955)〈伊藤整〉「松谷辰造さんという眼科の医学博士が住みついていて、淡路人形を蒐集し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淡路人形」の用語解説はコトバンクが提供しています。

淡路人形の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation