@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

淡路島【あわじしま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

淡路島
あわじしま
兵庫県南部大阪湾播磨灘紀伊水道を分ける瀬戸内海最大の島。島は古くから開かれ,南部の南あわじ市に淡路国の国府,国分寺が置かれた。江戸時代は徳島藩蜂須賀氏の支配下に入り,洲本城を拠点とするにいたって洲本が島の中心地となった。廃藩置県で最初は北部が兵庫県,南部が徳島県に属したが,明治4 (1871) 年 11月全島が名東県 (現徳島県) に属することになり,1876年兵庫県に編入された。南方の沼島 (ぬしま) との間に中央構造線が通り,全島は内帯に属する丘陵性の山地で,北部の津名丘陵と南部の諭鶴羽山地の間に淡路平野がある。最高点は諭鶴羽山 (609m) 。周囲は断層海岸で海岸段丘が発達し,特に大阪湾岸 (東浦) は温暖な気候を利用して花卉やビワ,ミカンなどの栽培が行なわれる。播磨灘沿岸 (西浦) には五色の小石で知られる五色浜がある。淡路平野は良質の淡路米,タマネギの栽培と酪農が中心。鳴門観潮の門崎,五色浜,慶野松原 (名勝) ,由良海岸など景勝地が多く,瀬戸内海国立公園の一中心地。淡路人形浄瑠璃 (重要無形民俗文化財) は室町時代から伝わる伝統芸能。 1985年には大鳴門橋が完成し,南北に走る四国街道 (国道 28号線) ,淡路市の南部より南下する本州四国連絡道路で四国と結ばれた。 1998年には兵庫県明石市と淡路島を結ぶ明石海峡大橋が完成。 1995年1月 17日未明に発生した兵庫県南部地震では,北部を中心とした地域で甚大な被害を受けた。周囲 155km。面積 592.9km2。人口 16万 2729 (1995。沼島を含む) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あわじ‐しま〔あはぢ‐〕【淡路島】
瀬戸内海最大の島。兵庫県に属する。もと淡路の一国をなし、近世は徳島藩領。気候温暖で、ビワ・ミカン・草花などを栽培。面積593平方キロメートル。[歌枕

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あわじしま【淡路島】
兵庫県に属する瀬戸内海最大の島。南北54km,東西24km,面積593km2。人口16万2738(1995)。東は大阪湾,西は播磨灘,南は紀伊水道に面し,明石海峡,友ヶ島水道(紀淡海峡),鳴門海峡をへだてて明石市,和歌山市,鳴門市とむかいあう。行政上は1市2郡10町に分かれ,近世に蜂須賀氏の城下町であった洲本市が行政や交通の中心になっている。本州と四国が瀬戸内海の陥没で分離したときに残った地塁状の島で,地形的に大きく北部の津名丘陵,南部の諭鶴羽(ゆづるは)山地と,その中間の地溝帯である三原平野洲本平野に区分できる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あわじしま【淡路島】
兵庫県南部、瀬戸内海最大の島。面積593平方キロメートル。南北に細長い三角状をなし、断層海岸にかこまれた山がちの島。古くより、阿波あわ国への路として重視された。大鳴門橋で四国と結ばれる。また、風光明媚めいびをもって知られる。歌枕 -かよふ千鳥の鳴く声にいくよねざめぬ須磨の関守/金葉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

淡路島
あわじしま
兵庫県南部、大阪湾と播磨灘(はりまなだ)を隔てている瀬戸内海最大の島。佐渡島、奄美(あまみ)大島、対馬(つしま)に次ぐわが国第四の島で、面積592.00平方キロメートル、人口14万3041(2010)。「平成の大合併」を経て、2006年(平成18)には淡路市、洲本(すもと)市、南あわじ市の3市となった。行政、文化、経済の中心地は洲本市である。1985年(昭和60)6月南淡町(現、南あわじ市)と四国(鳴門市)を結ぶ大鳴門橋が開通。次いで1998年4月には淡路町(現、淡路市)と本州(神戸市)を結ぶ明石海峡大橋(あかしかいきょうおおはし)が開通した。本州と四国を連絡する神戸淡路鳴門(なると)自動車道が島を縦断している。[吉田茂樹]

自然

島の中央部から北部にかけて津名丘陵が広がり、おもに花崗岩(かこうがん)からなり、明石海峡の陥没によって、同じ花崗岩質の六甲(ろっこう)山地と分断されている。津名丘陵の最高地点は妙見山(522メートル)で、六甲山地より一段低い開析の進んだ丘陵地で、両側が断層崖(がい)となり、地形的に地塁とよばれる断層山地である。島の南部には諭鶴羽山地(ゆづるはさんち)が東西に延び、おもに和泉(いずみ)砂岩からなり、南岸は著しい断層崖となる。この山地の中央にある諭鶴羽山(608メートル)は淡路島の最高地点であり、東は紀淡海峡から和泉山脈、西は鳴門海峡から四国の讃岐(さぬき)山脈へ連なったものであるが、両海峡の陥没によって孤立化した山地となった。これら山地、山脈の南側には、西南日本を外帯と内帯とに分ける中央構造線(メディアンライン)とよばれる大断層線が走っている。津名丘陵と諭鶴羽山地の間には淡路平野が開け、島内の農牧業の中心地となっている。気候は瀬戸内式気候が卓越し、南岸を除くと年降水量は1300ミリメートル内外で、最寒月も5℃前後と、一般に温暖少雨である。[吉田茂樹]

歴史

『古事記』や『日本書紀』は、いずれも淡路島を日本で最初に生まれた島として記述するが、このことは淡路の海人(あま)族が早くから畿内(きない)の朝廷に属していたことを物語っている。淡路とは阿波(あわ)国に渡る道筋の島であり、阿波道(あはぢ)の意からきている。『和名抄(わみょうしょう)』では南海道淡路国として、津名郡10郷、三原郡7郷が記され、古代の国府はいまの南あわじ市の市(いち)地区付近に比定されている。中世に入ると23の荘園(しょうえん)が設立され、全島の開発が早くから進行していた。南北朝の動乱後は、阿波の細川一族が淡路を支配したが、戦国時代には三好氏、のち織田、豊臣(とよとみ)氏の支配下に入り、1615年(元和1)に阿波の蜂須賀(はちすか)氏の所領となった。1871年(明治4)の廃藩置県によって、淡路と阿波が名東(みょうどう)県(後の徳島県)となったが、1876年に淡路島全島が兵庫県に編入された。[吉田茂樹]

産業

淡路島は京阪神地方を大市場としての園芸農業、酪農業および牧畜業が盛んである。特産のタマネギは北海道に次ぐ全国第二の大産地で、県下の90%以上を占め、レタス、ハクサイ、キャベツも県下最大の生産地となり、ピーマン、イチゴ、ネギの生産も増大している。これは昭和50年代から始まった三毛作(水稲→ハクサイ・レタス→タマネギ)の急増によるところが多い。島内北部の東浦海岸では温室、フレームによる花卉(かき)栽培が盛んで、酪農は南部の南あわじ市を中心に発達し、乳牛頭数で県下の40%を超えている。肉牛の飼育も、県北の但馬(たじま)牛と並び称され、淡路牛としてブタとともに県下有数の飼育地に発達した。また、温州(うんしゅう)ミカン、ビワ、ナツミカンの生産も県下有数である。2003年(平成15)には、淡路町、北淡(ほくだん)町、東浦町(いずれも現、淡路市)が構造改革特区として自然産業特区の認定を受け、新たな農地開発事業が開始されている。水産業も淡路を代表するもので、漁獲高は県下の30%を占め、その大半はイカナゴの水揚げであり、ついでイワシ、エビ、タコ、タイが多い。水産養殖ではハマチが中心であったが、赤潮の発生によって1978年から激減し、かわってワカメ、ノリの養殖が増大している。[吉田茂樹]

文化

淡路島には弥生(やよい)文化を代表する銅鐸(どうたく)、銅剣の出土が多く、国の重要文化財に指定されているものもある。また、400年以上の伝統をもつ淡路人形浄瑠璃(じょうるり)は、国の重要無形民俗文化財に指定され、南あわじ市福良(ふくら)に常設館として淡路人形浄瑠璃館(大鳴門橋記念館内)が設置されている。同市の三条八幡宮(はちまんぐう)には「淡路人形発祥地」の石碑がある。さらに慶野(けいの)松原(国の名勝)など白砂青松の海岸景勝地が多く、『万葉集』などに多く詠まれ柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)の歌碑など、島内各地に文学碑がみられるのも淡路島の特色である。
 なお、1995年の阪神・淡路大震災では大きな被害を受けたが、復興対策が進められ、その一環として2000年には「人と自然のコミュニケーション」をテーマに淡路花博「ジャパンフローラ2000」が開催された。2002年のサッカー・ワールドカップ韓日大会ではイングランドチームのキャンプ地となり、2006年の「のじぎく兵庫国体」では競技開催地の一つとなった。[吉田茂樹]
『和歌森太郎編『淡路島の民俗』(1964・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あわじ‐しま あはぢ‥【淡路島】
兵庫県南部、大阪湾と播磨灘の間にある瀬戸内海最大の島。面積は約五九三平方キロメートル。中心地は州本市。大鳴門橋で四国と、明石海峡大橋で本州と結ばれている。→淡路(あわじ)(一)(一)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淡路島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

淡路島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation