@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

深沓【ふかぐつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

深沓
ふかぐつ
とも書く。はきものの一つで2種類ある。 (1) 公家の朝服に付属する長履。革製黒漆塗りで,紫革を用いる。束帯姿の際に着用され,また大雨深雪にも用いた。 (2) 一般庶民に用いられたわら製の長靴雪道のはきもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふかぐつ【深沓】
公家の外出用の履物の一種。激しい雨や深雪のときの所用とされている。足首から上の立挙(たてあげ)と呼ぶ筒の部分も含めて,すべて牛の革製で,表面を黒漆で塗りこめ,袴の裾口にふれる立挙の縁には染革をめぐらしている。この縁革は無文の紫革を常としたが,検非違使(けびいし)は青革を用いた。なお,庶民は雪中遠くに出かけるときは,わら製の深(履)を用いた。沓(くつ)【鈴木 敬三】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

深沓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

深沓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation