@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

深発地震【しんぱつじしん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

深発地震
しんぱつじしん
deep focus earthquake
震源の深さが 300km以上の地震。地震・気象学者の和達清夫によって 1927年に発見された。発生する地域は,日本列島,カムチャツカ半島トンガ諸島フィジー諸島,南アメリカ大陸西岸などのプレートの沈み込み帯にかぎられる(→プレートテクトニクス)。太平洋側から大陸側へ向かって 30°~60°の角度で徐々に深くなる傾斜面上に並んで発生する傾向があり,沈み込んだ海洋プレート内で発生していると考えられる。最も深いもので深さ約 700kmのものも知られる。深さ 70kmくらいから 300kmの間で発生する地震を「やや深発地震」と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんぱつ‐じしん〔‐ヂシン〕【深発地震】
震源の深さが300キロより深い所で起こる地震。70キロ以上300キロ未満の深さで起こるものは「やや深発地震」という。→浅発(せんぱつ)地震

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんぱつじしん【深発地震】
震源の深さが100kmを超えるような深い地震を一般に深発地震と呼ぶ場合が多いが,深さ60kmから300kmまでの地震を“やや深発地震”,300kmより深いものを深発地震と呼んで区別する場合もある。世界で最も深い地震は720km,日本付近では600km程度である。このような地球内部の深い場所に地震が実際に起こっていることを確証したのは,日本の地震学者和達清夫である。和達の研究によって,太平洋側から日本列島下に北西―西―南西方向へ傾斜する深発地震面が存在することが初めて明らかとなった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんぱつじしん【深発地震】
震源の深さが100キロメートル 程度より深い地震。80から300キロメートル 未満のものを「やや深発地震」、300キロメートル 以上深いものを「深発地震」として区別する場合がある。 → 浅発地震

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

深発地震
しんぱつじしん
震源の深さが数十キロメートル以上の地震。60~70キロメートルより深い地震をやや深発地震、300キロメートルより深い地震を深発地震と分ける場合もある。深発地震は沈み込んだプレート(スラブ)の中で発生するもの(スラブ内地震)がほとんどで、弧状列島海溝側で浅く、大陸側に向かうにつれて深く分布し、海溝から沈み込む海のプレートの形状を表している。もっとも深い地震でも深さ650キロメートル程度である。和達清夫(わだちきよお)は1920年代に深発地震を発見し、30年代にその分布形状の特徴を明らかにした。深発地震はその震源が深いため、被害が出ることはまれだが、1993年(平成5)の釧路沖地震(震源の深さ100キロメートル、マグニチュード7.5)のように規模が大きい場合には犠牲者を生じることもある。[島崎邦彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんぱつ‐じしん ‥ヂシン【深発地震】
〘名〙 震源が相当深い地震。気象庁では深さ二〇〇キロメートル以上のものをいう。五〇〇キロメートル以上の深い地震は極深発地震と呼ばれる。日本付近での深発地震は三五〇キロメートル付近で起こることが多い。⇔浅発地震。〔百万人の科学(1939)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

深発地震」の用語解説はコトバンクが提供しています。

深発地震の関連情報

関連キーワード

地震電離層ミサイル関連技術輸出規制体制ミサイルと関連技術の移転規制MTCRノドン弾道ミサイルノドンテポドン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation