@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

淳和奨学両院別当【じゅんなしょうがくりょういんべっとう】

精選版 日本国語大辞典

じゅんなしょうがくりょういん‐べっとう ジュンワシャウガクリャウヰンベッタウ【淳和奨学両院別当】
〘名〙 淳和院と奨学院の別当職。保延六年(一一四〇)、中院雅定がこれに補せられて以後、その子孫の久我、中院両家によって世襲されたが、室町時代に足利義満が源氏の長者となってこの職を奪ってから、足利、徳川両将軍家のものとなった。明治維新に将軍職とともに廃止。
※徳川実紀‐慶長八年(1603)二月一二日「次に淳和奨学両院別当の宣旨官務持いづる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淳和奨学両院別当」の用語解説はコトバンクが提供しています。

淳和奨学両院別当の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation