@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

淵瀬【フチセ】

デジタル大辞泉

ふち‐せ【×淵瀬】
淵と瀬。川の深くよどんだ所と浅くて流れの速い所。
古今集・雑下の「の中は何か常なる飛鳥川昨日のぞ今日は瀬になる」などから》世の中の移りやすく無常なことのたとえ。「淵瀬のならい」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふち‐せ【淵瀬】
〘名〙
① 淵と瀬。水の深い所と浅い所。
※万葉(8C後)九・一七一七「三川の淵瀬(ふちせ)もおちず小網(さで)さすに衣手濡れぬ干す児は無しに」
② (渡りやすい瀬と渡りにくい淵を見わける判断力の意) 物事の理非、適否などを判断すること、またその能力。多く「淵瀬も知らず」の形で用いる。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「をさなき子に文をとらせて、ふちせもしらせず責めさするは、かしこきわざかな」
③ (「古今‐雑下」の「世の中は何か常なるあすかがは昨日のふちぞ今日は瀬になる〈よみ人しらず〉」などから) 世の中や人事が絶え間なく移り変わって定めないことやその状態をいう。
※伊勢集(11C後)「さだめなき世をきくころの涙こそ袖の上なるふちせなりけれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淵瀬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

淵瀬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation