@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

混合型肝癌

内科学 第10版

混合型肝癌(肝腫瘍)
定義・概念
 単一腫瘍内に肝細胞癌と肝内胆管癌とが明瞭に分化した状態で両成分が混じり合っているものを混合型肝癌と定義する.肝細胞癌成分は通常の肝細胞癌成分であるが,肝内胆管癌成分は腺癌であり粘液産生を伴う.近年,これらは肝前駆細胞(hepatic progenitor cell)あるいは肝幹細胞(hepatic stem cell)由来の可能性も指摘されるようになってきた.
診断
 画像診断にて,典型的肝細胞癌と肝内胆管癌が混在して見られる所見を呈せば本疾患を疑える(図9-12-11).また,肝細胞癌の腫瘍マーカー(AFP,PIVKA-Ⅱ,AFP-L3)と肝内胆管癌の腫瘍マーカー(CEA,CA19-9)がともに陽性になることも本疾患を示唆する.最終的には生検や切除標本組織像で両成分を証明することにより確定診断とされる.
治療
 肝内胆管癌の治療に準ずる.基本的には切除が最も有効である.小結節であればラジオ波治療も適応となるが,TACEや動注療法は効果がなく一般的でない.
経過・予後
 基本的に予後は不良である.日本肝癌研究会の追跡調査報告によれば5年生存率は20.3%と肝内胆管癌の20.9%と似かよった成績である.[工藤正俊]
■文献
Kojiro M, Wanless IR, et al: The International Consensus Group for Hepatocellular Neoplasia:Pathologic diagnosis of early hepatocellular carcinoma: a report of the international consensus group for hepatocellular neoplasia. Hepatology, 49: 658-664, 2009.
Makuuchi M, Kokudo N, et al: Development of evidence-based clinical guidelines for the diagnosis and treatment of hepatocellular carcinoma in Japan. Hepatol Res, 38: 37-51, 2008.
Kudo M, Izumi N, et al: Management of hepatocellular carcinoma in Japan: Consensus-Based Clinical Practice Guidelines proposed by the Japan Society of Hepatology (JSH) 2010 updated version. Digest Dis, 29: 339-364, 2011.

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

混合型肝癌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

混合型肝癌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation