@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

混雑【コンザツ】

デジタル大辞泉

こん‐ざつ【混雑】
[名](スル)
物事が無秩序に入りまじること。
「かかる―せる原理を以て」〈西田・善の研究〉
たくさんの人が集まって込み合うこと。「人と車で混雑する観光地」
もめごとがあること。ごたごたすること。また、いざこざ。
「教授会議や何ぞで、何か問題が―して来て」〈鴎外・魔睡〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こんざつ【混雑】
スル
多くの人や物が秩序なく入り乱れること。こみ合うこと。 -を避ける 考の-した所を破るに/百一新論
ごたごたすること。いざこざ。 何だか-した家庭らしい/大内旅宿 虚子

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こん‐ざつ【混雑】
〘名〙
① 事柄が雑然といりまじること。いり乱れること。こんぞう。
※狂雲集(15C後)寛正二年餓死「仏魔人畜総混雑、天然業果始須驚」 〔北史‐柳慶〕
② 多くの人が雑然とまじりあって、思うように行動できなくなること。こみあうこと。
※談義本・教訓雑長持(1752)二「此繁昌な、京江戸大坂のごとき大都会では、往来の混雑(コンザツ)、おし合ひ、へしあひ」
③ ごたごたすること。もめること。とりこみ。
※人情本・閑情末摘花(1839‐41)四「米次郎が方に種々の、混雑ありとも知られざれば、此程絶て音信なきを」
④ 違うものを同じものだと誤認すること。また、ちがうものか同じものかわからなくなること。混同。
※幕末御触書集成‐三・安政二年(1855)九月八日「日本国大不列顛国和親約定副章〈略〉日本奉行所にても、混雑等起し、又は条約書の大意を以て、口論が間敷義無之様可心附候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん‐ぞう ‥ザフ【混雑】
〘名〙 まじりあうこと。また、そのもの。混合。こんざつ。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

混雑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

混雑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation