@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

清元延寿太夫(1世)【きよもとえんじゅだゆう[いっせい]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

清元延寿太夫(1世)
きよもとえんじゅだゆう[いっせい]
[生]安永6(1777).江戸
[没]文政8(1825).5.26. 江戸
清元節の創始者。通称岡村屋吉五郎。初めは富本節太夫。1世富本斎宮 (いつき) 太夫の門弟。初名富本斎宮吉。寛政 11 (1799) 年2世斎宮太夫襲名。文化8 (1811) 年頃,家元2世富本豊前太夫と不和を生じ,豊後路清海太夫と称して独立,同 11年清元延寿太夫と改名して清元節を創流。文政7 (24) 年延寿斎と号す。劇場出演の帰路何者かに刺殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清元延寿太夫(1世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

清元延寿太夫(1世)の関連情報

関連キーワード

加藤美樹小糸佐七物蕪村ズーフ沼波弄山シェリダンハーキマー童子格子まあ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation