@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

清文鑑【しんぶんかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

清文鑑
しんぶんかん
qing-wen-jian; ch`ing-wen-chien
中国,清朝の満州語とモンゴル語,漢語などとの対訳辞書の総称。種々ある満州語辞典のなかで代表的なものである。何度も編纂されたが,康煕 47 (1708) 年に康煕帝の命によりマチ (馬斎) ,マルガン (馬爾漢) らの手で編纂された本文 20巻の『御製清文鑑』が最初で,これは満州語の単語を満州語で解釈し,天文部,時令部などに大別分類して並べたものである。雍正 13 (35) 年に,前記辞書に漢語訳を付した『音漢清文鑑』,乾隆8 (43) 年にはモンゴル語訳を付した『御製蒙古清文鑑』が編纂され,同 36年に『御製清文鑑』の単語を大幅に改訂し,満州語訳と漢語訳を併記し,漢語には満州語で発音を付した『御製増訂清文鑑』が編纂された。これは清文鑑のなかでも最も代表的なもので,朝鮮,日本にも伝わり,近年の満州語辞典のなかにも取入れられている。さらにこれを基礎に3体 (満,蒙,漢) ,4体 (満,蒙,漢,蔵) ,5体 (満,蒙,漢,蔵,回) 清文鑑が乾隆末年までに作られているが,これらはおのおの3,4,5種の言語の対訳辞典である。版本の少い『御製五体清文鑑』は中華人民共和国で 1957年に復刻され,日本で 66年に京都大学内陸アジア研究所で『五体清文鑑訳解』上下各1巻が出版され,利用しやすくなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清文鑑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

清文鑑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation