@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

清新体【せいしんたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

清新体
せいしんたい
dolce stil nuovo
13世紀後半フィレンツェを中心とするトスカナ地方に興った詩風。神に対する愛と女性に対する愛との照応を主題にするものが多い。代表的な詩人グィニツェッリ,G.カバルカンティ,ラーポ・ジャンニ,チーノ・ダ・ピストイアなど。また「清新体」の呼称ダンテが『神曲』 (煉獄編 24歌) のなかで用いたものであり,ダンテ自身も初期の詩集新生』にみられるように「清新体」派の代表者の一人であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいしんたい【清新体 dolce stil novo】
13世紀から14世紀にかけてフィレンツェを中心に活躍したイタリアの詩派。この呼称は青年時代この流派に加わったダンテが《神曲》の中で用いたもので(煉獄篇第24歌),シチリア派や旧世代のトスカナの詩人から自分たちの詩風を区別する〈新しい優美な様式〉を指していったものである。この流派の創始者とされるのはボローニャ出身の詩人グイニツェリ(1240ころ‐76)であり,ダンテのほか,G.カバルカンティ,チーノ・ダ・ピストイア(1270ころ‐1337ころ)らが代表的詩人である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

清新体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

清新体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation