@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

清水六兵衛【きよみずろくべえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

清水六兵衛
きよみずろくべえ
京都五条坂の陶芸家系。代々清水六兵衛と称する。1世六兵衛愚斎 (?~1799) は摂津の出身。幼名栗太郎。寛延年間京都に出て陶技を学び,明和5 (68) 年五条坂にを開き,清水六兵衛と称した。茶器置物文房具などを作り,千宗玄はじめ諸名家から各種の印を与えられた。また天竜寺桂州和尚より六角形の「清」字印を受け,代々この印を用いる。2世静斎以下今日まで中国,日本の諸陶の写しのほか,染付,赤絵,青磁など広範囲の焼物を制作している。ことに6世清水六兵衛 (1901~80) は伝統のうえに立って創作陶芸に新風を吹込み,新しい焼成法「玄窯」や新釉「銹よう (しゅうよう) 」などを開発し芸術性を高めた。 1962年日本芸術院会員,76年文化功労者。代表作に『花と子花瓶』『染付魚文盛花器』『玄窯叢花瓶』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きよみず‐ろくべえ〔きよみづロクベヱ〕【清水六兵衛】
[1738~1799]江戸中期の陶工摂津の人。号、愚斎。京都五条坂の窯元(かまもと)海老屋(えびや)清兵衛に学び、独立して同地に窯を開いた。野趣に富む六兵衛風として独自の京焼を生んだ。以来現在まで8代を数える。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きよみずろくべえ【清水六兵衛】
1901‐80(明治34‐昭和55)
陶芸家。5代清水六兵衛の長男で京都に生まれる。本名正太郎。京都市立絵画専門学校卒業後,父に陶技を学び,1927年帝展に美術工芸部が創設されてからは入選を重ね,31年,34年の2度,特選を受ける。45年父の隠居で6代清水六兵衛を襲名,京都陶芸クラブを主宰する。59年オステンド国際陶芸展でグラン・プリ受賞,62年日本芸術院会員となり,76年文化功労者に推された。その生涯を京都清水焼の振興と日展陶芸の発展に捧げ,三彩流泑(りゆうよう),玄窯,銹泑,紫藍泑,紅斑泑,古稀彩,銀白泑など彼独自の作風や釉調を開発している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しみずろくべえ【清水六兵衛】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

清水六兵衛
きよみずろくべえ

京都の伝統陶芸家。代々清水六兵衛を名のり、8代を数える。初代(1738―99)は1768年(明和5)京都五条坂に開窯。当時異色の陶工と目され、江戸後期、京都の陶業を主導して一家をなした。2代(1790―1860)、3代(1822―83)、4代(1848―1920)、5代(1875―1959)、6代(1901―80)、7代(1922―2006)、8代(1954― )と続くが、とりわけ、幕末から明治への混乱期に京焼の再興に尽くした4代目、また富岡鉄斎などと親交を結び、釉薬(ゆうやく)の開発に目覚ましい活躍をみせ、京焼の近代化に意を注いだ5代目六和、そして代々のなかでも傑出した力量の持ち主6代目の存在は特筆すべきである。

[矢部良明]

6代

5代目の長男。旧名正太郎。1913年(大正2)父に就いて作陶の道に入り、伝統的な京焼の技法に新しい解釈を加えた多くの技法を開発。三彩藍(らんよう)や銹(しゅうよう)、金銀彩を多用した古稀(こき)彩などが高い評価を得、日展陶芸部門の重鎮となった。56年(昭和31)の玄窯白鳥花瓶で芸術院賞を受け、62年日本芸術院会員、76年には文化功労者となったが、80年4月「六兵衛名陶展」の初日に東京の会場で急逝した。翌81年6月、女婿の九兵衛が7代目を襲名。

[矢部良明]

『『現代日本陶芸全集13 清水六兵衛』(1981・集英社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きよみず‐ろくべえ【清水六兵衛】
京都の清水焼の名工。
[一] 初世。旧姓古藤。号愚斎。大坂の人。京都の海老屋清兵衛に陶法を学び、五条坂で窯(かま)を開く。おもに茶器類を製作。妙法院宮の御庭番をつとめ、六目の印を受けた。元文三~寛政一一年(一七三八‐九九
[二] 二世。初世の子。号静斎。土焼きの茶器を主とし、染付けも焼く。寛政二~万延元年(一七九〇‐一八六〇
[三] 三世。二世の子。号祥雲。茶器のほか、青磁、染付け、赤絵などをつくる。文政五~明治一六年(一八二二‐八三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水六兵衛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

清水六兵衛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation