@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

清洲城【きよすじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

清洲城
きよすじょう
愛知県清須市にあった平城。室町時代,尾張守護斯波義重による築城最初。守護代織田氏が戦国争乱中に斯波氏追い,さらに織田氏内紛を経て織田信長天文 23 (1554) 年以降ここを居城とした。信長岐阜城に移ったのちは信忠城主となったが,本能寺の変後,信雄,豊臣秀次福島正則松平忠吉徳川義直と城主が変わり,義直が名古屋城に移るにいたって,慶長 15 (1610) 年廃城となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きよす‐じょう〔‐ジヤウ〕【清洲城】
清須市にあった城。室町時代は尾張守護代の織田氏の居城。のち、織田信長とその子信雄(のぶかつ)豊臣秀次福島正則・松平忠吉・徳川義直と城主が変わったが、慶長15年(1610)義直が名古屋城に移り、廃城。清須城

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きよすじょう【清洲城】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本の城がわかる事典

きよすじょう【清洲城/清須城】
愛知県清須市(旧西春日井郡清洲町)にあった平城(ひらじろ)。1405年(応永12)、尾張・遠江(とおとうみ)・越前守護を兼ねていた室町幕府の管領、斯波義重(しばよししげ)によって、守護所となっていた下津(おりづ)城(稲沢市)の別郭として築かれた。その後、守護代の織田氏の内紛により下津城が焼失すると、守護所が置かれ、尾張国の中心となった。やがて、清洲城は尾張下四郡を支配する守護代の清洲織田氏の居城となる。一時期、織田弾正忠家(清洲織田氏の傍流、清洲織田氏の三奉行のひとつ)の織田信秀(織田信長の父)が清洲奉行として居城したが、信秀が古渡城(名古屋市中区)に移ると、守護代の織田信友が入城した。しかし、1555年(弘治1)、信友は織田信長によって清洲城中で殺害され、信長は大改修を加えた後、那古野城(名古屋市中区)から清洲城に本拠を移した。1560年(永禄3)の桶狭間の戦いでは、信長はこの城から出陣している。また、1562年(永禄5)に信長が徳川家康と同盟を結んだのもこの城で、清洲同盟と呼ばれる。信長は翌1563年(永禄6)、美濃の斎藤氏との戦いに備えて、居城を小牧山城に移した。以後、清洲城は織田氏の番城となった。1582年(天正10)の本能寺の変で信長と嫡男信忠が死去すると、その後の相続をめぐって織田氏重臣による会議(清洲会議)が開かれたのもこの城である。その後、清洲城は信長次男の織田信雄が相続し、1586年(天正14)には大天守・小天守や二重堀の普請が行われた。その後、信雄は小田原合戦に際して豊臣秀吉に反抗したことから除封され、豊臣秀次が領したのち、1595年(文禄4)には福島正則が城主として入城した。1600年(慶長5)の関ヶ原の戦いでは、福島正則が東軍(徳川方)に与したことから、東軍の前線拠点となり、この戦いの後、安芸に転封した福島正則に代わって家康の四男松平忠吉が入城、間もなく忠吉が死去すると、家康九男の徳川義直が入城し、尾張清洲藩の藩庁が置かれた。1609年(慶長14)、義直は家康の命により名古屋での新城の築城と城下町の移転を行った。その名古屋城(名古屋市中区~北区)の築城に清洲城を解体した資材が用いられた。名古屋城の御深井丸西北隅櫓が「清洲櫓」と呼ばれるのは、清洲城天守の材料を転用して建設されたことによる。1613年(慶長18)、名古屋城が完成し、城下町の移転も終わったことから、清洲城は廃城となった。現在、城跡は都市開発によりほぼ失われ、本丸土塁の一部が残るだけになっている。かつての城域の一部は、清洲古城跡公園になっており、模擬天守があるほか、城跡の横を流れる五条川の護岸工事の際に発掘された石垣の一部が、同公園内に復元されている。JR東海道本線清洲駅から徒歩約15分、または名鉄名古屋本線新清洲駅から徒歩約15分。◇清須城とも記述される。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

清洲城
きよすじょう
戦国期~江戸初期の城。愛知県清須(きよす)市清洲にあった。清須城とも書かれる。城が初めて築かれたのは1405年(応永12)といわれ、尾張(おわり)国守護斯波(しば)氏が、尾張の中心であり交通上の要衝でもあるこの地を選んだものである。1554年(天文23)斯波義統(よしむね)・義銀(よしかね)父子が守護代織田信友(のぶとも)に城を追われ、さらに翌年織田信長が信友を攻め清洲城に入った。以来10年間、1563年(永禄6)に城を小牧山(こまきやま)に移すまで信長の本城であった。82年(天正10)信長が本能寺(ほんのうじ)で死んだあと、ここで清洲会議が開かれ、信長の二男信雄(のぶかつ)が入った。信雄のときに城が拡張され、その後羽柴秀次(はしばひでつぐ)、さらに福島正則(まさのり)、徳川家康の子忠吉(ただよし)・義直(よしなお)が入ったが、名古屋に新城築城ののち廃城となった。[小和田哲男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

清洲城
きよすじょう
愛知県西春日井郡清洲町にあった城
応永年間(1394〜1428)に尾張国守護斯波 (しば) 義重が築城,以後斯波氏の居城となった。1555年以降,織田信長の拠城として繁栄したが,1610年徳川義直が名古屋城を築いて移転し,廃城となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清洲城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

清洲城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation